中 古 字
2013年4月21日更新

 楷書が北魏時代から隋代にかけて完成して以来,代表的な筆写字体として使われていながら,清の『康煕字典』に収録されなかったか,「俗字」とされた字体です。『康煕字典』の御製序文や各地の御製碑などの公文書にも用いられていたにもかかわらず「俗字」と呼ぶのは不当な気がします。ですから,ここでは「中古字」と呼ぶようにしました。
 『今昔文字鏡』に,「中古字」という範疇はなく,多くは姿形書換字か減画略字とされていますが,むしろこちらが先にあり,『康煕字典』やその流れを汲む明朝体の方が姿形を書き換えている場合にここに区分しています。唐代の書は,書道の手本に用いられる事も多いため,中国だけでなく,日本や韓国でも用例を多く見ることができます。
 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩


丶 6
035556v.jpg  「於」の中古字。通常部首とされる「方」の部分が「オ」と作られている。この字体がカタカナの「オ」の字源である。唐の『干禄字書』は通字としており,この書を浄書した顏眞卿が,正字とされる「方」と書き出したのを除くと,北魏から唐にかけてはほとんどが「オ」と書かれている。
 南普陀寺前にある清の『乾隆御製碑』の例。
 左の『今昔文字鏡』@011839は,姿形書換字。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
儿 1
070613.jpg  「允」の中古字。上部の「厶」の2画目と「ノ」が一体化して,1画少ない。  写真は医薬品メーカーが工場の前に出している看板。「雷允上」である事が下の英語からも確認できる。
 左の『今昔文字鏡』@070613は,文字要素として収録されているが,これも単独の漢字である。Unicodeにはバージョン3.1で追加された。
  撮影:2002年11月,上海市徐匯区
Unicode:200D4
文字鏡:070613
儿 5
001374v.jpg  中国語で「yan3」、日本語で「エン」と読む「」の中古字。まん中の「口」を「厶」に書き換え,その2画目と「ノ」が部首の「儿」が一体化している。下半分は上記の「允」と同じ。『干禄字書』は通字としている。
 写真は病院の名称を示した字の一部。
 左の『今昔文字鏡』@001374は,中国で現在規範的に使われている字体。
  撮影:2004年9月,山東省州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
亠 5
050920.jpg  「亨」の中古字。「亠」と「了」に含まれる横線に夾まれた「口」が,梯子の様な形に作られて,1画多くなっている。この字体は,唐の虞世南による『孔子廟堂碑』を始め,元代以前の大抵の書に使われている。
 写真は,民家のドアの両側に貼られた春節用の対聯の一部。全体では「迎新春生意興隆 賀佳節開運亨通」と書かれている。
  撮影:2001年6月,江西省定南県
Unicode:未収録
文字鏡:050920
人 5
000518v.jpg  「作」の中古字。旁の「乍」の「」が「亠」に書き換えられている他,最後の1画が「L」の様に,端で接している。
 写真は台湾の銀行のロゴ。日本の会社名でも同じ字を使っている例を目にする事がある。
 左の『今昔文字鏡』@000519は「作」の本字。この場合は,最後の1画が左に出ている。
  撮影:2001年5月,台湾・台北市松山区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
人 10
000864v.jpg  駐車禁止の注意書きに見える「停」の中古字。旁の「亭」の「口」の部分が梯子の様に作られていて,常用漢字の字体よりも1画多い。書の手本となる唐の顏眞卿や歐陽詢もこう書いており,日本や台湾でもよく目にする。同様の字体は,単独の「亭」などにも見られる。
 写真は眼科医院の前にあった掲示。
 左の『今昔文字鏡』@000864は,常用漢字の字体。
  撮影:2000年3月,天津市和平区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
人 13
084470.jpg  「僑」の中古字。「夭」の下の「口」を梯子の様に作っている。元の趙孟の書などにも見られる字体で,同様の字体は,「橋」、「蕎」などでも見られる。
 華僑向けの商店の社名表示だが,「連」は行書のため簡体字の様になっている。
  撮影:1999年8月,遼寧省大連市
Unicode:未収録
文字鏡:084470
囗 7
084428.jpg
 「國」の中古字。中の「口」を「厶」と作っているが,同様の例は,「員」、「圓」、「絹」など、多くの漢字に見られる。『中華字海』は『敦煌谷字譜』を出典に,この字を載せており,広い地域で使われていた事が想像させられる。

  撮影:1999年3月,大阪市西成区
Unicode:未収録
文字鏡:084428
囗 8
084430.jpg  「園」の中古字。中の「口」を「く」の様に作っているが,隋の智永や唐の柳公權、顏眞卿らもこう書いている。「袁」、「遠」、「轅」「環」などに共通して見られる。
 この写真は遠くてはっきりしないが,また別の例を探したい。

  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:未収録
文字鏡:084430
囗 8
084430v.jpg  これも「園」の中古字。中の「口」を「く」の様に作っているのは上記と同じだが,縦棒の下を「レ」の様に跳ねている。どちらが正しいとも言えないが,ゆっくり書くと跳ねない例が多い。
 写真は客家料理を中心に出すレストランの看板。この街では,草魚のさしみを食べる習慣があり,この店でも食べられる。
  撮影:2001年8月,福建省寧化県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
巾 11
066789.jpg  「幡」の中古字。右上部分に「ノ」がない。旁となっている「番」も中古字では「ノ」が無く,広東省広州市番禺区などで用例を目にする。(但し宋の『廣韻』は「ノ」を右半分だけ使った形に作る)他に「審」、「蕃」「藩」などでも同様の例がある。
 写真は,生魂神社の境内にある「城方向八幡宮」(きたむきはちまんぐう)の前に立つ碑。大阪城の鬼門の守護神として譽田別命などを祭っているとの事。
  撮影:1999年7月,大阪市天王寺区
Unicode:未収録
文字鏡:066789
女 2
007072v.jpg  「安」の中古字。上部は「宀」ではなく,「冖」が「女」の上端と交差する形で付いている。筆順も「冖」を先に書いてから,「く」を書くので,行書でつながっている訳ではない。
 写真は,僧侶が使う法衣の専門店の看板。「法」は姿形書換字が使われている。
 左の『今昔文字鏡』@007072は常用漢字。
  撮影:2001年1月,京都市下京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
幺 9
009208v2.jpg  「幾」の中古字。下側の「人」が「ク」の様に作られている。唐や元の楷書はほとんどこう作られており,『干禄字書』は通字としている。同様の書き換えは,「機」や「饑」などでも見られる。
 写真は,北山公園内の東屋に取り付けられた,「牛」と題した七言絶句を彫った石板。江鳥という人の書。
 左記の『今昔文字鏡』@009208は標準的な字体。
  撮影:2000年9月,浙江省蕭山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
弓 3
005852v.jpg  「夷」の中古字。『康煕字典』で部首となっている「大」の下部が「人」ではなく,「入」と作っている。漢代の木簡も隷書でこう書かれていた。『干禄字書』は通字としている。
 写真は,1909年に,現JR肥薩線が鹿児島本線として開通した際に,逓信大臣山縣伊三郎が難工事の完成を祝して書いた「天險若夷」の字。矢岳第一トンネルの北側に彫られている。この「夷」には‘たいらか’という訓もあり,‘天下の難所も平地の如し’という意味になる。
 左の『今昔文字鏡』@005852は常用漢字。
  撮影:2002年8月,宮崎県えびの市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
心 4
010390v3.jpg  「念」の中古字。中央にあるのは「ラ」ではなく,「二」である。北魏から元にかけての書はほとんど「ニ」と作られている。現在,「ラ」と作るのは,草書で「二」から「心」へとつながる運筆が「ラ」と誤認されたものと思われる。
 写真は,念珠の専門店の看板。別の用例はこちら
 左の『今昔文字鏡』@010390は常用漢字。
  撮影:2001年1月,京都市下京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
心 10
011052v.jpg  「態」の中古字。右上の部分を「ヒ」二つではなく,「」の様に作っている。この様な字体は「能」、「熊」、「罷」などにおいても見られる。
 写真は,興福寺境内にある,弘法大師の手植えとの言い伝えがある松の由来を記した「花之松ノ碑」の一部。
 左の『今昔文字鏡』@011052は常用漢字。
  撮影:2000年11月,奈良県奈良市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
手 8
012355v.jpg  「揚」の中古字。旁が「」と作られ,「昜」よりも1画少ない。「場」、「湯」「楊」、「陽」などの中古字に共通して見られる字体で,「昜」の方が『康煕字典』が広めた姿形書換字である。
 写真は李朝朝鮮の王宮のひとつの昌慶宮内にある,涵仁亭に掛けられた額。4枚で四季の句となっているが,これには「秋月揚明輝」と書かれている。建物は焼失後1833年に再建されたものだが,額が書かれた年は不明。
 左の『今昔文字鏡』@012355は常用漢字の字体。
  撮影:2001年1月,韓国・ソウル特別市鍾路区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
攵 9
085828.jpg  「敦」の中古字。旁の「享」の「口」が,梯子の様な形に作られて,「敦」より1画多い。同様の字体は「燉」「郭」、「孰」、「醇」などにおいても見られ,宋の『廣韻』は,すべて梯子の様な形で掲載をしている。
 写真は,安宿の看板。エレベータの行く先指示が中国語と英語で書かれている。「酒店」は‘ホテル’を意味するが,「酒」にも中古字が使われている。
  撮影:2000年5月,香港特別行政区油尖旺区
Unicode:未収録
文字鏡:085828
木 13
015526v.jpg  「橋」の中古字。「夭」の下の「口」を梯子の様に作っている。同様の字体は,「僑」、「蕎」などでも見られる。
 写真は鎮江市街にある「解放橋」という名の橋。橋の中央部に大きく名が書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@015526は常用漢字の字体。

  撮影:2002年3月,江蘇省鎮江市丹徒県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
止 1
038532v.jpg  「此」の中古字。「止」の2画目が縦棒になり,これに「」を交差させている。この字体は「紫」などにも見られる。
 写真は,現在安福県博物館として使われている,孔子廟の入り口に立てられている掲示。「文武官員於此駐轎下馬」と彫られている。「轎」も中古字。
  撮影:2001年6月,江西省安福県
Unicode:未収録
文字鏡:079084
毛 8
016831v.jpg  「毫」の中古字。上部の「口」が,梯子の様な形に作られて,「毫」より1画多い。同様の字体は「」、「燉」「郭」、「孰」、「敦」「醇」などにおいても見られ,宋の『廣韻』は,すべて梯子の様な形で掲載をしている。
 写真は,高知城にある板垣退助像の横に立てられた碑の一部で、揮毫者の説明などが書かれている。大正12年(1923年)に建てられたもの。
  撮影:2011年6月,高知県高知市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 6
009699v.jpg  「染」の中古字。‘染める’という意味に合うさんずい偏が部首。旁の下部は「ホ」。唐の顏眞卿や元の趙孟などもこの字を残している。京都の友禅染め関係の看板などによく使われている。常用漢字の「染」はこの同字。
 写真は,染色会社の銘板。
 左の『今昔文字鏡』@014621は,基本字体。
  撮影:2000年5月,京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
火 12
019332v.jpg  「熟」の中古字。上記の「亨」、「敦」などと同様に、左上の「享」の「亠」と「子」に含まれる横線に夾まれた「口」が,梯子の様な形に作られて,1画多くなっている。
 写真は,竹脚市場のフードコート内の店の看板。
 『今昔文字鏡』@019332は,基本字体。
  撮影:2013年1月,シンガポール中央地区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
玉 11
021191.jpg  「環」の中古字の同字。旁の「口」を「く」の様に略しているのは,「遠」や「園」「轅」などにも共通して見られるが,旁の縦棒を跳ねないのが普通。この字は跳ねているが,元の掲斯の『臨正草千字文』に同じ字が見える。
 写真は供銷社の経営する商店で,「北環」というのは地名。

  撮影:1999年6月,江蘇省常州市
Unicode:24A14
文字鏡:021191
田 4
021775v.jpg  「界」の中古字。「田」と「分」の組み合わせになっている。隋、唐では,全てこれに近い字体で書かれている。
 写真は,上海の静安寺の中にある扁額で,「入佛境界」と書かれている。
 左記の『今昔文字鏡』@021775は常用漢字の字体。
  撮影:2000年9月,上海市静安区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 11
054312v.jpg  「蕃」の中古字か。「番」の上部の「ノ」がない。「番」も中古字では「ノ」が無く,同様の例は「幡」、「審」、「藩」などの字にも見られる。
 写真は,ビルの案内に示された喫茶店の社名。外部の提灯看板の字は草冠を4画で書いていた。
 左の『今昔文字鏡』@054312は現在常用される字体。
  撮影:2003年9月,東京都中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
糸 5
084446.jpg  「統」の中古字。「允」の部分が1画少なくなっている。北魏には「允」と書いていたが,唐代には写真の字体の方が普通に使われるようになり,元代までの標準的な字体となっていた。『康煕字典』は北魏の字体に戻したため,現在まで「充」と作るようになっている。
 南普陀寺前にある清の『乾隆御製碑』の例。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:084446
糸 5
027337v.jpg  「紫」の中古字。「此」を「ツ」と「七」を組み合わせた様な形「」に作っている。この字体は「此」単独でも中古字として用いられた。
 写真は台湾一の古刹龍山寺の境内の柱に彫られている字。
 左記の『今昔文字鏡』@027337は標準的な字体。
  撮影:2000年5月,台湾・台北市萬華区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
肉 6
029455v3.jpg  「能」の中古字。右半分が「」に近く書れている。右半分の1画目は「ノ」の様に右から左で、3画目と交差している。中古字では交差しないものも多い。
 写真は,本能寺の変で有名な本能寺の名を刻んだ石柱。
 左の『今昔文字鏡』@029455は右半分の1画目が「一」となっている姿形書換字。諸橋『大漢和辞典』と同じ字体。
  撮影:2006年7月,京都府京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
肉 7
029535v.jpg  「脩」の中古字。右側は「」の下に「有」という字体となっている。元の趙孟の『六體千字文』や宋の蘇軾の『豐樂亭記』にも同じ字が見える。「脩」には右側を「肴」と作る姿形書換字もある。
 写真は李氏朝鮮の離宮であった昌徳宮内にある,両班(ヤンバン)屋敷を模した演慶堂の女性用の生活空間の入口にある額で,「脩仁門」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@029535は基本の字体。
  撮影:2001年1月,韓国・ソウル特別市鍾路区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
舟 6

030388v.jpg  「般」の中古字。旁の「殳」の部分を小篆に近い「々」と「一」と「乂」の組み合わせに作っている。同様の字体は,「殿」や「設」においても見られる。
 写真は運送店の看板。「一般区域免許」と書かれている。「運送」のしんにょうも常用漢字の字体とは異なる。
 左の『今昔文字鏡』@030388は,基本的な字体。
  撮影:2000年2月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 5
035556v.jpg  「説」の中古字。「兄」の部分が2画少ないが,唐の欧陽通や敬客はこう書いていて,広く使われていた字体。隋の『龍蔵寺碑』は「允」と造っており,これを唐の顏眞卿が「兄」と直したのが,『康煕字典』に採用され,その後上の「ハ」が「ソ」と変形されて,日本の字体になったものと思われる。同様の例には「悦」、「税」、「脱」などがある。
 南普陀寺前にある清の『乾隆御製碑』の例。
 左の『今昔文字鏡』@085388は,『龍蔵寺碑』に見える字体で,『大漢和辭典』の補巻にも収録されている。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 7
084527.jpg  韓国の仏教寺院に見える「設」の中古字。「殳」の部分が「々」と「攵」の組み合わせになっている。類似した書き換えは「殿」の字でも見られる。
 写真は韓国で現存する最古の仏教寺院と言われる「傳燈寺」の中の「講設堂」という建物の額。「講」の字も「冉」の部分が異なる同字となっている。
  撮影:1999年12月,韓国京畿道江華郡
Unicode:未収録
文字鏡:084527
車 6
038346v.jpg  「輕」の中古字。旁が「王」と「ハ」の組み合わせに作られており,全体の形「軽」に近い。隋の智永の『眞草千字文』などにも用例が見える。同様の書き換えは「經」などにも見られる。
 写真は北京の故宮の坤寧宮の玉座の両側に掛けられた柱聯の例。全体で,「表正萬邦慎厥身脩思永 弘敷五典無輕民事惟難」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@038346は標準的な字体。
  撮影:2000年3月,北京市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
邑 9
084528.jpg  薬局の看板に書かれた「郭」の中古字。左上部分を梯子のような形に作っている。横線に夾まれた「口」を梯子状に書くのは,「敦」、「諄」、「亭」「福」、「高」、「亮」、「豪」、「毫」、「融」などの中古字に共通してみられる。
 唐の顏眞卿の,現存するもっとも若い時の書『郭公墓誌銘』(749年)にもこの字体が使われている。
  撮影:1999年2月,マレーシア・ペラ州クアラカンサール
Unicode:未収録
文字鏡:084528
酉 11

040006v.jpg  「醫」の中古字。部首の「酉」が1画多い。明代までの「酉」の多くはこう作っており,、「酒」「配」「醉」「奠」「尊」などでも用例がみられる。
 写真は,台湾大学医学部付属病院の活動を告知する横断幕。
 左の『今昔文字鏡』@040006の字体は,標準的なもの。

  撮影:2000年5月,台湾・台北市大安区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
金 5
040359v.jpg  「銃」の中古字か。旁の「充」が「亠」と「」の組み合わせに作られている。
 写真は,陸軍中将香椎浩平氏の別荘である香椎荘の由来を記した説明板の一部。氏が東京警備司令官として鎮定した二二六事件に関して,「機関銃」などと書かれている。現在は料亭として使われている。
  撮影:2003年1月,大分県大分郡湯布院町
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
金 11
084532.jpg  「鎬」の中古字。毛筆なので分かりにくいが,「高」が梯子の様に作られている。
 写真は,上海料理の店だが,この店のペン書きのポスターも梯子「高」に作っていた。

  撮影:1999年10月,上海市徐匯区
Unicode:未収録
文字鏡:084532
門 9
055101.jpg  「関」の基本字である「關」の中古字。この字は唐の顏眞卿や宋の蘇軾の書にも見られるが,門構えの中の下部は「丱」ではなく「廾」と作られている。JIS第一水準の「聯」と第二水準の「聨」などに同様の関係が見いだせる。
 写真は,会社の看板で,社名に「關西」という語が使われている。

  撮影:2001年3月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:055101
食 7
054722v.jpg  「餘」の中古字。食偏が常用漢字と同じになっているだけでなく,旁の「余」の中は「未」である。明以前の楷書は例外なくこのように作っている。
 写真は,扶餘(プヨ)郡庁の入り口の銘板。町の中で見かける毛筆書きの漢字の多くはこの様に作られていた。

  撮影:2001年1月,韓国・忠清南道扶餘郡
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
鹿 0
047587.jpg  「鹿」の中古字。部品の「比」部分が「厶」と作られている。
 写真は,鹿児島県庁からの距離を示す距離標。明治40年に立てられた物で,「距鹿兒嶋縣廳貮丁貮拾九間」と彫られている。

  撮影:2002年8月,鹿児島県鹿児島市
Unicode:未収録
文字鏡:047587

写真字典のインデックスに戻る   「同字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of