減 画 略 字 (2)
2009年7月19日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を略する形で,書きやすくした字を指します。よって俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

土 2
004873.jpg  「經」の交換略字「経」の糸偏を取った減画略字。
 この字体は,中国では「聖」の簡体字として,正式に使われている。また,かつて「コツ」と読んで‘掘る’を意味する方言字でもあった。
 写真は沖縄バスの前面に示されたルート表示。他に,愛称銀バスの那覇交通や琉球バスも使用している。但し「経」の字も使われている。「牧志(まきし)」は那覇一の繁華街国際通り付近の地名。(ずけらん様のご指摘により一部訂正しました)
  撮影:2000年2月,沖縄県那覇市
Unicode:5723
文字鏡:004873
土 2
004876.jpg  「鹽」の簡体字「」の皿を取った減画略字。この字体は,「 ハク」の交換略字と同じで,音義は文脈から判断する必要があるが,左から2行目との対比で「塩」である事が分かる。
 写真は海鮮料理店の入口に張られた料理名の表示。「」は「召」の姿形書換字だが,広東語で「jiu1」と読むため,同音の「椒」の宛字に使っている。「椒鹽炒大蜆」は,‘アサリのニンニクピリ辛炒め’。「冲」も「葱」の宛字。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区離島区・大嶼山
Unicode:5724
文字鏡:004876
土 6
004968v.jpg  「土」に「丶」を打った「堂」の減画略字。中の「口」を省略している。次の例の減画略字と見ることもできる。
 写真は美術品店の店名表示の一部。
 左の『今昔文字鏡』@004968は,台湾で姓にも使われている類似の「堂」の減画略字。

  撮影:2002年7月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
土 8
084432.jpg  「堂」の減画略字。中の「口」を「ム」の様に略しているが,「土」の横に「丶」を打っているため,画数は変わらない。『中華字海』には,「堂」に「丶」を打つ字が,魏の『元始和墓誌』を出典に収録されているので,その減画略字という方が正確であろう。
 写真は画材店の店名表示。
  撮影:1999年7月,大阪市西区
Unicode:未収録
文字鏡:084432
土 10
084435.jpg  「塲」の減画略字。旁の「日」が下の「一」とくっついた形で1画少なくなっている。「陽」などにも同様の例が見られる。また,16ドットの画面表示用フォントには,この字体に作っているものがある。
 写真は,浜の弁天として知られる長建寺の前に建つ,道案内用の道標で,「京阪電車 市電 乘〜一町」と彫ってある。但し,市電は既に廃止されている。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:084435
夕 10
005802v.jpg  「夢」の減画略字。「」と「冖」が一体化して1画少なくなっている。この字体は唐の柳公權が『玄秘塔碑』で使っている。
 写真は洋装店の看板。「韵」は「韻」の音符書換字。「時装」は‘ファッション’を意味する。

  撮影:2001年6月,江西省定南県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
大 2
079389.jpg  「具」の減画略字。「目」の横線3本を縦の線に置き換え,長い横線の下まで伸ばして払っている。文化大革命時代に立案され、後に廃止された『第二次漢字簡化方案』に収録されていた。現在でも俗字としてたまに目にする。
 写真は金物店の店頭表示。赤い字の「潔〜配件」は‘衛生陶器とその部品’という意味。「潔」は簡体字だが,「配」の部首が「西」になっているのは誤記だと思われる。
  撮影:2000年3月,天津市和平区
Unicode:未収録
文字鏡:079389
子 11
084438.jpg  「學」の減画略字。左上部分が縦線2本となっている。この略し方は「興」「覺」「與」「譽」などに共通してみられ,日本においても同様の略し方が行われているが,必ず左上部分だけが略され,右上部分が略された例は見たことがない。
 写真は,南普陀寺内にある「閩南佛學院」の額。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:084438
宀 1
057735.jpg  「宣」の減画略字。旁の「一」と「日」が省略されている。文化大革命時代の『第二次漢字簡化方案』で試用されたが,廃止された。この字は,「宝」や「」の減画略字ともほぼ同じ字形。
 写真は,バスターミナルに書かれている標語の一部。「公共中巴三車隊」という,中型バスの運行チームが「向文明乘車的乘客們学習、致敬」という標語を「宣」伝している。
 左の『今昔文字鏡』@057735は「」の交換略字として収録されている。
  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:057735
宀 16

054911v.jpg  「鶴」の同字の減画略字。「鶴」の旁の「宀」が「隹」と「鳥」の上に移動している。この例では「鳥」の4つの点が「一」に略されている。
 写真は,洋菓子と中華菓子を売る屋台のガラス板に書かれた字。
 左の『今昔文字鏡』@054911は,「宀」が独立している字体。
  撮影:1999年8月,遼寧省瀋陽市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
山 5
008068v.jpg  「峠」の減画略字。旁の「上」と「下」の横棒が共用されて,「卡」となっている。
 壽峠は,台湾島東南部の台東県と屏東県の境にある峠で,南迴公路という幹線道路の最高地点に当たる。日本統治時代の1939年に開通しており,この頃名付けられたと思われる。「峠」は,Big5にコード化されておらず,現在は写真の字体か「卡」で代用する表記が多く,ka3と読まれている事が伺える。
 写真は,バス停に掲示されたバスの路線図の一部。
  撮影:2007年5月,台湾・高雄市三民区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
山 9
008295.jpg  「巖」の減画略字。旁の「嚴」を単に「品」と略している。日本でも地名などに用例がある。この略字の同字に「嵒」がある。
 写真は,「清水巖」という名前の道観の入り口の柱に彫られた字。「同治七年」の文字が見える。

  撮影:2000年5月,台湾・台北市萬華区
Unicode:5D53
文字鏡:008295
巛 1

008678v.jpg  「州」の減画略字。三つの点を繋いで「一」と書き換えている。「卅」(さんじゅう)と似ているが,まん中の縦棒の長さのバランスが異なる様にも見える。「洲」にも同様の書き換えが見られる。
 「州」が川の中の中州を描いた象形字である事を考えると,この字体では,川を跨いでいて,「橋」を意味するかに見える。なお,「州」は左から順に書いて行くのが正しい筆順とされている。
 写真は,福州の西禪寺慈宝塔の礎石に彫られた字。
  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
广 3

059578.jpg  「麼」の姿形書換字、「」の減画略字。「林」が省略されている。『漢語大字典』や諸橋『大漢和辞典』には未収録ながら,1936年出版の『辭林』や1951年発表の『第一批簡体字表』などに見られ,台湾のCNS規格にあるため,Unicodeに収録されている。
 貴州省のプイ語を漢字で記述した『古謝經』という書では,もう1画減らした「広」という字が使われていて,日本語の「廣」の交換略字と同じ字体である。
 写真は,建物の壁に書かれた‘床磨き’の広告。この場合は,「磨地板」と書くべき所が,宛字になっている。「麼」には中国語で「mo2」という読みもあり,「磨」と同音である。
  撮影:2001年6月,上海市普陀区
Unicode:5E85
文字鏡:059578
弓 10
084440.jpg  「彌」の減画略字。旁の「爾」の中が「」の様に省略されている。
 写真は,以前水路として使われていた旧高瀬川にかかる「彌左衛門橋(やざゑもんばし)」の欄干。「衞」も減画略字で,「左」と「橋」は異体字が使われていた。現存する橋には「昭和六年三月」と記されている。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:084440
攵 5
由攵
013363v.jpg  「數」の減画略字。「婁」の「中」と「女」を省略し,字体を「由」に変えている。『中華字海』や李圃『異体字字典』も収録していない俗字で,中国の正式な簡体字は「数」。
 「樓」も同様の略し方をする例があるが,「婁」を「由」に変えると「柚子」と同じ字体で紛らわしい。
 写真は,「居民委員会」による町内の住民向けのスローガン。「控制人口数量 提高人口素貭」と,人口抑制と質の向上を呼びかけている。
  撮影:2000年9月,浙江省蕭山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
曰 6
050015.jpg  「曹」の減画略字。まん中の縦棒が2本ではなく1本となっている。韓国の姓によく見られる字で、『今昔文字鏡』も圏外文字としているが、唐の顔真卿や宋の黄庭堅の書など、日本や中国での用例もある。
 写真は,陽壽院という曹洞宗の寺院の看板の一部。

  撮影:2008年4月,東京都港区
Unicode:66FA
文字鏡:050015
木 10
015350.jpg  「樹」の減画略字。まん中の「士」が「一」に代わり,2画少なくなっている。『中華字海』は隋の『明質墓誌』に見られる字としている。同様の減画の例は,「廚」や「」にも見られる。
 写真は,喫茶店の看板。「暮都呂〜」と書いて「くつろぎ」と読ませている。店の前に置かれた提灯看板には「樹」の字体が使われていた。
  撮影:2000年7月,大阪市中央区
Unicode:235F3
文字鏡:015350
木 10
015684v.jpg  「檢」の減画略字。二つ並んだ「口」がつながり,2画少なくなっている。同様の例は,「劍」、「驗」「險」などにも見られる。
 写真は,中国検験検疫局の表示。三つならんだ「僉」を含む字の内,これだけが口をつなげていた。
 左の『今昔文字鏡』@015684は略していない字体。

  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
歹 1
016362.jpg  「餐」の減画略字。「又」と「食」が省略されている。大衆食堂でもよく見られるが,1977年発表の『第二次漢字簡化方案』で試行後に廃止された俗字。
 写真は普通列車に連結されていたCA23型食堂車の表示。「餐車」が‘食堂車’を意味し,「can1che1」と読む。現在,「餐車」と表記している車輌の方が多く,略字を使っているのは以前の表記か。
 左の『今昔文字鏡』@016362は,「歹」の同字。
  撮影:2000年5月,福建省三明市沙県
Unicode:6B7A
文字鏡:016362
水 7
057812v.jpg  「酒」の中古字の減画略字。「酒」の部首は「酉」だが,この「口」の中に横線を2本書くのが中古字で,この例では1本しかなく,「お洒落」の「洒」にも見える。
 写真は,沖縄料理を出す居酒屋の赤提灯。
 左の『今昔文字鏡』@057812は,常用漢字のもの。

  撮影:2000年2月,沖縄県名護市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 10
018185v.jpg  「漿」の減画略字。上部の「將」が日本語の様に「将」と作られ,2画少なくなっている。
 写真は,豆乳と点心で有名な世界豆漿大王の看板の一部。

 左の『今昔文字鏡』@018185は標準的な字体。
  撮影:2007年5月,台湾・台北県永和市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
火 6
019076v.jpg  「焉」の減画略字。左の標準的な字体と比べて,1画少ない。南普陀寺の境内にある,清の乾隆55年に書かれた『普陀寺前捐廉地樹柵碑記』に見られる例。
 左に示した字体は,JIS第二水準に収録されている。

  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
止 11

016352v.jpg  「歸」の意符書換字である「」の減画略字。旁の「來」が「来」と書かれているほか,「」と「止」が一体化して減画されている。
 写真は,福州の古刹西禪寺の柱に見られる楹聯。「聖教衍西方三蔵禪言〜福地」と書かれているものの一部。
  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「減画略字(3)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2009. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of