減 画 略 字 (3)
2013年5月26日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を略する形で,書きやすくした字を指します。よって俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

玉 9
021191v2.jpg  「環」の中古字「」の減画略字。旁の「」が「口」に換えられている。この字は二階建て電車の「上環街市」の行き先表示にも使われている。
 写真は文武廟の門柱に彫られた字。「文徳武功雙帝祀 神恩聖澤五環安」という対聯の一部。「文」は「文昌帝君」,「武」は「關帝」すなわち関羽を指す。「五環」は,1920年ごろ,香港島の北部を9ブロックに分けた「四環九約」の五番目の「上環」を指す。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区中西区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
禾 4
024988v.jpg  「租」の減画略字。「且」の内側の横線2本に代えて,縦線1本と作っている。この様な略し方は,同じ部品を持つ「助」などの他,「真」、「具」などに類似の例がみられる。
 写真は,店舗の賃貸または販売をするという意味の張り紙。
 左の『今昔文字鏡』@024988は常用漢字の字体。
  撮影:2003年3月,台湾・台南市中区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
缶 21
045671v.jpg  「鬱」の減画略字。通常部首とされている「鬯」の「」が「必」の様に書かれていて3画少なく,「匕」の部分が「上」の様になっていて1画多い。「匕」だけが「上」の様になっている字は,元の趙孟の『六體千字文』に見える。
 写真は松之木神社の由来を記した石碑。もともと1921年に讃岐の梅園良正という人の書で建てられたものが戦災に遭い,1959年に建て直したもの。「靈」や「辛」も『今昔文字鏡』未収録字。
  撮影:2001年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
臼 7
030226v.jpg  「興」の減画略字。真ん中にある「口」が「」と略されている。
 写真は不動産会社の看板。同じ字が日本興業銀行のロゴにも使われている。
 左の『今昔文字鏡』@030226は,常用漢字の字体。

  撮影:2001年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
臼 8
075117v.jpg  これも「興」の減画略字。真ん中にある「口」が「二」と略されている。
 写真は家具店の看板。「」が広東語でいう‘家具’。店名の下には‘注文歓迎 内装工事請負’という意味の字句が書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@075117の字体は,「冂」の中が「一」2本に略されていて,1本少ない。
  撮影:2000年9月,広東省広州市芳村区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
臼 8
075108v.jpg  「興」の減画略字。真ん中にある「口」が「「」と略されている。
 写真は東日本大震災で津波の影響を受けた商店街が臨時に開いている石巻まちなか復興マルシェの看板の一部。
 左の『今昔文字鏡』@075108は,「口」を「コ」と略した字体。

  撮影:2013年5月,宮城県石巻市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 3
056141v3.jpg  「第」の意符書換字の減画略字。「」が下半分だけに略されている。
 写真は,バイクメーカーのトラックに張られた広告文。前半はバイクの名前で,「出口〜一」は‘輸出第一’を意味する。
 左記の『今昔文字鏡』@056141は草冠を使った,略されていない字体。

  撮影:2000年10月,山西省洪洞県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 3
056141v2.jpg  「第」の意符書換字「」の姿形書換字の減画略字。草冠の形が「前」の上部の様になり,「弔」の「コ」の部分が略されている。
 写真は,金物屋の窓に張られたモットー。「信誉第一」‘信用第一’、「質量第一」‘品質第一’、「衛生第一」と書かれているので,店の前で出店する食品関係の物売りが張ったものかも知れない。
 左記の『今昔文字鏡』@056141は略されていない字。
  撮影:2000年9月,浙江省海寧市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 8
050429v.jpg  「蘭」の減画略字。大陸での例だが,正しい簡体字は「」であり,この例は非規範的な略字。類似の字が台湾の台北市内でも見られた。
 写真は牛乳販売店の看板。
 左に示した『今昔文字鏡』@050429の字体は,草冠において減画しているが,日本の常用漢字の字体。

  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 8
084443.jpg  「華」の本字の減画略字。「人」が2つ減っている。
 写真は中華料理店の看板。草冠が「前」の上部の様になっている。同じ字が奈良市の東大寺法華堂(三月堂)にも見られる。
 また,普通の草冠の字体が,魏の『元擧墓誌』の例を挙げて『中華字海』に掲載されている。

  撮影:1999年9月,東京都大田区
Unicode:未収録
文字鏡:084443
艸 14
032401v.jpg  「藻」の減画略字。旁の「品」の下部の「口」二つをくっつけて書いている。 草冠は4画となってるが,後の2画は「人」の様な字形となっている。
 写真は総社宮の入り口に立つ石柱。藤原廣孝という人が明治31年(1898年)に書いた「齋敬之心 蘋藻之奠」という字を彫っている。
 左の『今昔文字鏡』@032401は,4画の草冠の字体。
  撮影:2003年10月,岡山県総社市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
米 3
079369.jpg  「糖」の減画略字。「唐」の中の部品が省かれている。文化大革命時代に試行され、後に廃止された『第二次簡化方案』に収録されていた字体。
 写真は市場の蜜柑の説明。「正宗四会沙糖桔 只只包甜」と書かれている。本物の四会市産の甘みの強いオレンジで,どれを取っても甘いと保証するという意味。。
  撮影:2007年2月,広東省中山市
Unicode:未収録
文字鏡:079369
米 5
079416.jpg  「精」の減画略字。「青」の下部が「マ」の様な形に減画されている俗字で,文化大革命時代に試行され、後に廃止された『第二次簡化方案』に収録されていた。これは草書に基づくもので,「青」、「情」、「清」、「請」、「静」などにも同様の減画略字がある。
 写真は製麺所が店頭販売をするために書いた黒板の文字。「切面」(そば切り)、「皮子」(餃子の皮)ともに1斤当たり0.90元と書かれている。
  撮影:2000年3月,上海市徐匯区
Unicode:未収録
文字鏡:079416
糸 4
052289v.jpg  「綴」の減画略字。「又」の部分が2つに減らされている俗字。
 川辺の緑地を作った時の記録掲示で,「点〜植物」は,飾りに植えられている植物を意味する。「魚尾葵」‘クジャクヤシ’などをところどころに植えていると説明されている。
 左の『今昔文字鏡』@084444は,扁が繁体字のもの。
  撮影:1999年7月,福建省三明市沙県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「減画略字(4)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of