減 画 略 字 (4)
2009年9月13日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を略する形で,書きやすくした字を指します。よって俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

見 8
055722v.jpg  「觀」の減画略字。旁の上部にある「口口」を「一」と略し,草冠を3画のものに略している。敦煌の経典にも用例があり,常用漢字にある「観」が定着する前の段階の略字か。
 写真は,農家の入り口に置かれた「馬頭觀世音」の碑石。30cm無いぐらいの小さなものである。江戸時代に新田開発が行われた地域にあったが,風化が進んでおらず,もっと新しいものに見える。
 左に示した『今昔文字鏡』@055722は,基本的な字体。
  撮影:2000年7月,埼玉県川越市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 5
079407.jpg  「請」の簡体字の減画略字。旁の「青」の部分が草書を楷書化した「」に書き換えられている。この書き方は,文化大革命時代の『第二次漢字簡化方案』で試用されたが,後に廃止された。同様の書き換えは,「晴」、「精」、「静」、「情」などの字にも,まだ俗字として見られる。
 写真は,民家の入り口に書かれた表示。「紹興特産」の「蛋巻」という菓子を買う方は中へどうぞと書いてある。
  撮影:2000年9月,浙江省紹興市
Unicode:未収録
文字鏡:079407
貝 2
053669.jpg  「員」の減画略字の類推簡化字。「員」の上の「口」を「厶」に書き換えた略字が姓として使われている。
 「員」は通常,中国語で「yuan2」と読むが,姓としては「yun4」と読む。
 写真は,西安生まれの民謡歌手「員恩鳳」の1997年発売のCDジャケットの一部。

  撮影:1999年8月
Unicode:8D20
文字鏡:053669
阜 11
084450.jpg  「險」の減画略字。「器」や「品」の例に見られる様に,二つならんだ「口」をつなげて2画少なくしている。同様の例は,「劍」、「驗」「檢」などにも見られる。
 写真はクアラルンプール駅舎に付けられた注意表示。マレーシア語、英語、タミール語との併記。
  撮影:1999年2月,マレーシア・クアラルンプール市
Unicode:未収録
文字鏡:084450
金 0
084452.jpg  「金」の古字の減画略字。「ソ」の部分がつながって「一」に略されている。
 写真は,韓国水原(スウォン)の長安門近くの通りで目にした銘板。「慶州〜氏京畿道宗親會」という親族の会のもの。隣に掲げてあった「慶州金氏水原市宗親會」の「金」の古字は減画されていなかった。

  撮影:1999年12月,韓国京畿道水原市
Unicode:未収録
文字鏡:084452
門 0
084453.jpg  焼き肉店の店名に見える「門」の減画略字。全体の形を「冂」で表し,省略を示すために縦線を加えたものと考えられる。
 中国でも使われていた事があるが,現在の簡体字は「」で,点を左上に打ち,横線と交差させない。
  撮影:1999年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:084453
門 3
051195v.jpg  「閉」の減画略字。部品としての「門」を,上記同様の方法で略したもの。
 写真は,国際通りに面するビジネスホテル内のエレベータの押しボタンの説明。「開」の減画略字も見られる。ボタン上にも同字体の字が書かれていた。
 左の『今昔文字鏡』@051195は,中国の簡体字。
  撮影:2000年2月,沖縄県那覇市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
門 4
053946.jpg  「開」の減画略字。部品としての「門」を,中国の簡体字に置き換えて略している。しかし,これは俗字で,正しい簡体字は「」。
 写真は,中国南方航空機のドアの表示。機種はボーイング757だが,アメリカで製造時に付けてきた様子で,機内の表示には誤字が散見される。

  撮影:2000年9月,上海市長寧区
Unicode:未収録
文字鏡:053946
門 5
041464v.jpg  「關」の減画略字。旁が「絲」の簡体字の様に略されている。
 「岐關車路有限公司 Kee Kwan Mortor Road Co., Ltd.」という澳門の会社が運行する広州−澳門間の直通バスの車体に書かれている字。
 左に示した『今昔文字鏡』@041464の字体は,点が4つという,少し複雑な字体。
  撮影:1999年6月,広東省広州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
門 6
041300v.jpg  中華料理店の看板に見える「閣」の減画略字。これも部品としての「門」を,同様の方法で略したもの。用例の有無は別にして,門構えの字は全てこの様に略せる事になる。
 左に示した『今昔文字鏡』@051780の字体は,中国の簡体字。

  撮影:1999年3月,大阪市西区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
面 0
042618v.jpg  「面」の減画略字。内側の梯子の様な部分が二本の斜線に換わっている。ただし,これは筆写の癖で,縦線二本と理解する方がよい。
 写真は,裏通りに面した建物の壁に書かれた警告文。下に水道メーターがあるので上に物を置くべからず,という様な内容。

  撮影:2000年9月,浙江省紹興市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
面 0
042620.jpg  「面」の減画略字だが,「麺」の異体字でもある。見にくいが,上の赤い字は「麺」と書いてある。他にも,左の減画略字に「麥」偏が付いた字体や「麪」という字体も中国でよく使われている。
 写真はモスレム式の牛肉ラーメンの店。

  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:9763
文字鏡:042620
馬 5
084456.jpg  「馬」偏の減画略字。「馬」の4つの点を「一」の様に略した字は,日本で多く使われているが,この様に2画に略した字体は珍しい。
 写真は,蒲田の環八沿いにある「蒲田駅環八下自転車駐車場」の表示。同時に「駅」という字も使われている。
 京都府八幡市などにも用例があった。
  撮影:1999年9月,東京都大田区
Unicode:未収録
文字鏡:084456
馬 9

054211v.jpg  「驒」の交換略字である「騨」の減画略字。「馬」の「灬」が「一」のように略されている。
 写真は,寺院の前に建てられた幟。「飛騨三十三観音霊場」と書かれたものの一部。
 左の『今昔文字鏡』@054211は「馬」の形が違う減画略字。

  撮影:2006年8月,岐阜県高山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 5
046039v.jpg  「魚」偏の減画略字。偏は正式な簡体字として用いられているものだが,この字は『簡化字總表』にも『GB2312』コードにも収録されていない,いわゆる類推簡化字である。
 「〜島」は汕頭の別名。美化をよびかける標語。
 この字は重慶でも「肥〜」という大型淡水魚の方言名に使われている。
  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 9
078996v.jpg  「あら」と読む国字の減画略字。魚偏の「」を1画にしており,簡体字の魚偏の様になっている。しかし,国字のため,中国の字書には出ていない字である。
 「あら」の和名は,関西での呼び名と同じ「クエ」で,ハタ科の大きな魚。
 写真は料亭の看板の一部。
 左の『今昔文字鏡』@078996は,魚偏の下が4画の字。
  撮影:2004年8月,福岡県福岡市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
鳥 2
046657.jpg  「鳳」の減画略字。「几」の中の「一」が略されている。「鳥」の右側の縦線は「」まで降りてつながっており,中古字の特徴を備えている。左の『今昔文字鏡』@046657は,中が常用漢字の「鳥」で,厳密には異なる字体。写真と同じ字は唐の張旭『郎官石記』にも見られる。
 写真は李氏朝鮮の離宮として建てられた昌徳宮の入口,敦化門の東隣にある丹鳳門の額。
  撮影:2001年1月,韓国・ソウル特別市鍾路区
Unicode:9CEF
文字鏡:046657
鳥 9
058562v.jpg  「」の減画略字。旁の「區」の,並んだ「口」を一つに付けている。同様の書き換え例は,「品」「區」「歐」などに見られる。部首の「鳥」は上記と同じ中古字。
 「鴎」はよく略字の話題に上るが,写真の様な略字についても言及される事はほとんどない。
 写真は昭和4年に建てられた,大黒菴武野紹鴎邸址の碑。
  撮影:2000年5月,京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
麻 0
047888v.jpg  「麻」の減画略字。内側の「林」の「ソ」に当たる部分が無く,「一」と「一」がつながっていて,3画少ない。上の「磨」も同様。李圃編の『異体字字典』に収録の字体だが,行書で「林」の「ソ」の部分を略す書き方があるのを楷書化したものと思われる。「梦」の例参照。同様の省略は「林」、「森」などにもみられる。
 写真は,民享市場内のごま油を売る店。「小磨麻油」は「小磨香油」ともいうが,少量ずつ挽いた高級ごま油。
  撮影:2000年9月,広東省湛江市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
雨 9
004422v.jpg  雨冠が簡略化され,「靈」の減画略字。3つ並んだ「口」が2つに減らされ,「巫」を「土」に変えている。佐奈田霊社の入口に建てられた「佐奈田靈社碑」の一部。
 左の字は『今昔文字鏡』に収録されている「靈」の異体字の内,土を含む唯一の例。

  撮影:2009年8月,神奈川県小田原市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
雨 11
042532v2.jpg  「靈」の減画略字。3つ並んだ「口」が一つにまとめられて,「」に換わっているのは次の例と同じだが,この例は「巫」を「」に変えている。
 写真は,宗教団体の名を書いた札の一部。
 左の『今昔文字鏡』@042532は基本字体。

  撮影:2002年12月,大阪府吹田市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
雨 12
042532v.jpg  これも「靈」の減画略字。3つ並んだ「口」が一つにまとめられて,「」と作っている。
 写真は,扶蘇山麓にある古刹皐蘭寺の鐘楼の額。「靈鐘閣」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@042532は基本字体。

  撮影:2001年1月,韓国・忠清南道扶餘郡
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
食 4
044072.jpg  これも「餐」の姿形書換字「」の減画略字。右上の「又」を略して、「歹」を「食」の左に移している。唐代から用例がある古い略字である。
 この字は他に、汁掛け飯を意味する「飧」(ソン)の姿形書換字としても使われる。
 写真は,レストランの看板の一部。「午市套餐」と読め,選べるおかず1種類とご飯とスープのランチセットの案内。「不設加壹」は一割のサービス料不要という意味。
  撮影:2008年12月,香港特別行政区離島区・ランタオ島
Unicode:98F1
文字鏡:044072

写真字典のインデックスに戻る   「音符書換字」に進む 

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2009. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of