擬 声 擬 態 字
2013年4月19日更新

 音声そのものを表現するための漢字や,感覚的に様子を表した擬態語を表現するための漢字で,字そのものの意味を持たない漢字です。音を示す漢字には,外国語や少数民族語の音を示すための漢字が含まれます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

口 2
003269.jpg  マレー語のlaksaの漢字表記「叻沙」に使われる擬声擬態字。ラクサは、汁そばの一種で、ココナッツカレー風味のものやタマリンド風味のものなど、地域によって味に違いがあり、具もつみれ、厚揚げ、赤貝などさまざま。写真は食堂の看板。
 北京音ではle4と読み、シンガポールの古名石叻に使うか、擬声擬態字としてli4と読む。香港の広東語では「lek1」と読んで頭が良いことを表す。
  撮影:2013年1月,シンガポール中央地区
Unicode:53FB
文字鏡:003269
口 5
003503.jpg  広東語で「da1」と読む擬声擬態字。
 写真は,澳門の地名表示の漢字部分。「司打口」という表記も使われている。かつてアヘンの輸入窓口として,税関が置かれていた場所で,「司〜」がポルトガル語を音訳したものと聞くが詳細不明。「sisa(譲渡税)」か。写真の左には,「柯邦廸前地」に対応する「PRACA DE PONTE E HORTA」と表記されている。
  撮影:1999年9月,澳門特別行政区風順堂区
Unicode:5491
文字鏡:003503
口 7
084542.jpg
 広東語で「seun2」と読む擬声擬態字。Unicode 3.1で収録された。
 写真は,家具店のガラスに張られた字だが,「〜」は,「gu1seun2」と読んで‘クッション’を意味する。英語「cushion」の音訳。

  撮影:1999年9月,香港特別行政区油尖旺区・旺角
Unicode:20C78
文字鏡:084542
口 8
003869v.jpg  仏教の呪文の表記に使われる擬声擬態字。
 写真は,福州市内の西部にある西禪寺という寺院の植え込み。全体で「吽〜叭」と表示されている。
 左の『今昔文字鏡』@003869は『大漢和辭典』で未詳とされている文字。「尓」の2画目が折れていない。

  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
口 9
067021.jpg  広東語で「ga3」と読む擬声擬態字。英語の‘coffee’の音訳語「〜 ga3fe1」に常用される。また,広東語で疑問を表す語気助詞「ga3」としても常用され,香港の新聞や雑誌でもよく目にするが,Unicode 3.0でやっと収録された。
 写真は,澳門の食堂の看板。コーヒーなどの喫茶と,麺類や洋定食を出す「茶餐廳」と呼ばれるタイプの店。
  撮影:1999年9月,澳門特別行政区
Unicode:35CE
文字鏡:067021
口 10

ロ窄
025455v.jpg  食品名の音訳に使われる擬声擬態字。
 写真は甘味処のお品書き。「渣〜」は,広東語で「ja1ja3」と読む,五色の豆とタピオカが入ったマレーシア風のぜんざい。「凍熱」とあるように,冷たいのと熱いのが選べる。マレー語の「bubur caca」が語源で‘サラダの粥’を意味する。バリ語の「jaja」は‘菓子’を意味するが,ぜんざいではない。他に胡麻入りの茹で団子「湯丸」の文字も見える。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区油尖旺区・油麻地
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
口 10
ロ莎
055543v.jpg  台湾の「SAWA」という葡萄味の炭酸飲料水の商品名に使われている擬声擬態字。
 「莎」も音訳として頻繁に使われているが,この例ではわざわざ口偏を加えて音訳であることを示している。国語読みは「莎」と同じく「sha1」と思われる。
 メーカーは中壢市にある葡萄王生技股份有限公司。
  撮影:2006年5月
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
口 12
067007v.jpg  マレー語のrojakの漢字表記「囉〜」に使われる擬声擬態字。ロジャッは、グヮバなどのフルーツやキュウリにアミを発酵させたペーストやタマリンドなどを合わせたたれを和えた複雑な味のサラダ。写真は,シンガポール市内の飲食店のカウンターに書かれた店名。英語でHAPPINESS ROJAKと並記され、ロジャッの写真も見えている。
 『今昔文字鏡』@067007は仏典を典拠に収録しているためか、「惹」のくさかんむりを4画に作っており、別の字体となっている。
  撮影:2013年1月,シンガポール中央地区
Unicode:3603
文字鏡:未収録
口 15
059275.jpg  広東語で「mo1」と読む擬声擬態字。
 写真は,街路表示で,ポルトガル語の「RAMAL DOS MOUROS」と漢字が対照表示となっている。「〜囉」が‘モーロ人、ムーア人、イスラム教徒’を意味する「Mouros」を音訳している。「〜囉」は,英国の植民地であった香港でも使われている。
  撮影:1999年9月,澳門特別行政区望徳堂区
Unicode:56A4
文字鏡:059275
木 6
014696.jpg  雲南方言で「duo1」と読む擬声擬態字。『漢語大字典』などは「yi2」という発音しか載せていないが,雲南では植物の‘花梨’「duo1yi1」を表記する時に使っている。他に「多衣」という表記もあり,昆明−玉渓間の高速道路に「多衣樹」というパーキングエリアがあり,瀾滄県にも同じ地名がある。景東県には「多依樹」という地名がある。ペー語でも「do1yi1」と言うが,漢語同様に他の少数民族語からの借用語に思える。
 写真は,砂糖で煮て乾かした菓子のパッケージ。昆明市内で購入した。
  撮影:2000年4月
Unicode:6818
文字鏡:014696
食 6
giseipai.jpg  中国語で「pai4」と読む擬声擬態字。英語の「pie」を意味する。普通,中国語では同音の「派」という字を当てるが,この店では全て食偏の字を使っていた。
 写真は,パイ専門店の前に張り出された商品の価格表で,右から‘パイナップルパイ’、‘ムースパイ’、‘タロイモパイ’、‘小豆ミルクパイ’を意味する。
  撮影:2001年5月,台湾・台北県板橋市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「名称文字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of