方 言 字 (2)
2017年2月22日更新

 方言の表記のために作られた,地方独特の漢字です。日本にもありますが,日本で作られた「漢字」はひとまとめに国字とされてしまいますので,中国語の方言を記述するのに使われる漢字と定義した方がいいでしょう。中国では各地に多くの例が見られます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩


土 6
005053.jpg  呉語で‘田’、‘畑’を表す字。標準語音は「yang2」。浙江省温州市周辺の地名に多用されている他,「大包〜」(福建省福鼎市),「劉家〜」(安徽省寿県)などの例がある。
 この字は,他地域では「二簡」に記載の「牆」の俗字として使われる事がある。
 写真は,村の共産党委員会の看板。

  撮影:2000年9月,浙江省温州市
Unicode:579F
文字鏡:005053
土 6
053137.jpg  道路の地名表示。「」の音符書換字として「an3」と読み,‘種を撒く穴’を意味するが,閩南語使用地域の地名に使う時は声調が異なり,‘山間の平地’を表すようである。厦門方言では「an1」と読み,バスの録音による標準語のアナウンスでも「zeng1cuo4an1」と発音されていた。他の例としては,澎湖島の「外〜村」などがある。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市思明区
Unicode:57B5
文字鏡:053137
土 11
059329.jpg  潮州語でung3、台湾語でun3と読み,浜辺に作る養魚池を意味する字。『海豐方言詞典』に「塭(寮) 海水養殖場」と記載がある。広東省や台湾の地名によく使われており,広東省澄海市の咸塭,汕尾市の大塭、塭寮、台湾澎湖県の白沙塭、北塭、南塭,台南県の塭内、台北県の塭子溪(河川名)などの例がある。同じ閩南語地域でも福建省では用例が少なく,「埭」を使っている場合がある。  写真は鹿港のバスターミナル内の行き先表示。
  撮影:2008年5月,台湾彰化県
Unicode:586D
文字鏡:059329
火 4
火巴
fang0012.jpg  西南官話で「pa1」と読む方言字で,‘柔らかい’、‘軟弱な’という意味を持つ。この字は,香港増補字符集に収録されており,Unicode 3.1にも収録された。
 写真は,雲南省巍山彝族回族自治県の名物,「〜肉餌絲」の店の看板。「餌絲」は,白玉粉と小麦粉を混ぜてつくるモチモチしたうどん。とろとろに煮込んだ豚肉の他,千切り大根や香菜などが乗せられている。
  撮影:2000年10月,雲南省昆明市盤龍区
Unicode:241B5
文字鏡:224180
火 7
059747.jpg  広東語で「guk6」と読む方言字。‘蒸し焼きにする’、‘オーブンで焼く’、‘蒸し暑い’等の意味を持つ。
 料理用語に使う他,写真の例の様に,ヘアサロンで髪を加熱して油をしみ込ませるトリートメントの方法を意味する「〜油」という語で,すでに中国大陸の各地で見られるようになっている。洗髪とブロー込みでHK$100と書いてある。
  撮影:1999年9月,香港特別行政区油尖旺区・旺角
Unicode:7117
文字鏡:059747
火 8
059750.jpg   台湾の料理用字。台湾語で「kinn1」と読むが,実は「羹」の方言字で,同じ‘あつもの’という意味で使われている。米偏の意符書換字もある。また,この字には‘アルカリ’、‘苛性ソーダ’という意味もある。
 「魷魚」は‘ヤリイカ’の事で,「魷魚〜」は‘イカのとろみスープ’。他に,「麪線〜」、「蝦仁〜」などの料理がある。
  撮影:1999年5月,台湾・台北市中正区
Unicode:713F
文字鏡:059750
火 8
019114.jpg   台湾の料理用字。『集韻』に「火氣皃」(火の気の様子)と記された同字体の字があるが,台湾語では「khong3」と読み,‘煮込む’を意味する。他にや「」も同義で使われている。
 「〜肉飯」は,ご飯の上に,豚三枚肉の煮込みと煮込み卵、筍などを乗せた丼物。
  撮影:2000年5月,台湾・台北市萬華区
Unicode:7122
文字鏡:019114
火 15
067412v.jpg   山東の料理用字。「kao4」と読み,‘弱火で煮込む’事を意味する。天津や遼寧でも用例が見られる。この店は道路沿いで,「醤〜鷄」というたれで煮込んだ鶏を売っている。
 この字はUnicode 3.0で追加された。
 左の『今昔文字鏡』@067412は「非」の字形が異なる。写真の例の様に縦線を曲げないのが普通。また,「告」も「牛」と作らない。
  撮影:2002年7月,山東省博市張店区
Unicode:3E06
文字鏡:067412
石 11
084413.jpg  「茶〜」は‘急須’を意味する閩南語で,「te5koan3」と読む。この字もUnicode 3.1で追加収録されたが,本字は「罐」。
 タバコ工場のトレードマークとして使われていたが,ちょっと遠くてピンぼけ。

  撮影:1999年2月,マレーシア・ペラ州太平
Unicode:2558F
文字鏡:084413
石 12
083823.jpg  香港の大嶼山(ランタオ島)の地名に見られる字で,広東語で「saan3」と読む。饒玖才著『香港地名探索』には「珊瑚群形成的小島」という説明があるが,根拠は示されていない。「珊 saan1」の変音か。
 写真は大嶼山の南側にある「〜石灣」という村の表示。この表示の前の公民館には「散石灣村公所」という表記が使われていた。島の北西側にもう1ヶ所同名の「〜石灣」があり,島の北側で香港赤角空港の対面に「〜頭」村がある。
 この字はUnicode 3.0で追加収録された。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区離島区大嶼山
Unicode:40DF
文字鏡:083823
米 7
fang0005.jpg  四川の方言字で「lao2」と読む。本字は「醪」。「勞」の部分は簡体字で書かれている。
 通常「〜糟」という単語として使われ,甘酒の様に‘醗酵させた米’を表す。写真にある「〜糟小湯圓」は,「〜糟」と米の団子をシロップに浮かべたデザート。重慶から三峡を下った武漢では「米酒」と呼んでいる。
 左の『今昔文字鏡』@084414は繁体字。
  撮影:1999年8月,重慶市渝中区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
米 8

026998.jpg  閩南語の方言字。台湾語では「ke2」または「koe2」,潮州語では「gue2」と読み,団子などの,米の粉をこねて作った食品を指す。「〜条」は米の粉の平たいうどんで,潮州人が多いタイで「gue2diou5」はタイ語に借用語として入り,クエティオと呼ばれているが,さらに広東語に借用されて「貴」(gwai3diu1)と呼ばれている。
  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:7CBF
文字鏡:026998
肉 7

059665v.jpg  広東省潮州の方言字。潮州語で「la5」と読み,‘ラード’を意味する。「勞」の部分は簡体字で書かれている。香港増補字符集に収録されており,Unicode 3.1で収録された。『新編潮州音字典』は本字を「」としている。
 写真は伝統菓子のパッケージ。「南隆餅家」というメーカーの商品で,広東省汕頭市内の食料品店で購入した。米のポン菓子をラードと麦芽糖で固めた柔らかい「おこし」という感じ。「米潤 bhi2rung6」は‘しっとりした米菓’を意味するらしいが,ラードがしつこい。
 左の『今昔文字鏡』@059665は繁体字。
  撮影:2000年1月
Unicode:266E8
文字鏡:227957
肉 11

fang0019.jpg  台湾の方言字。中国語で「lian2」と読む。「肝連肉」という表記もあり,豚などの肋骨と肝臓を繋いでいる筋を指す。意符書換字とも言えるが,方言の表記に限って使うので方言字であると考える。
 写真は屋台のメニュー。煮込み素麺のような「麺線」に入れてもらうこともできる。
 左の『今昔文字鏡』@082030はチュノムとして収録されており,Unicode 3.1でも収録された字。
  撮影:2003年3月,台湾・高雄市新興区
Unicode:267EA
文字鏡:082030
肉 11

059872.jpg  広東語の方言字で、cheun1と読む字。本字は「春」で、卵を意味する。春を季節を表すための字と考えてしまうと、卵の意味の漢字をどうかくのかわからなくなるため、未だ肉に成っていないという会意の方言字が作られたものと考えられる。
 写真は路地の名前を示す琺瑯の銘板で、「鶏膥巷」と読める。
  撮影:2012年2月,広東省広州市番禺区
Unicode:81A5
文字鏡:059872
虫 11
虫崩
fang0009.jpg  広東省仏山市順徳区の方言字。「baang1」と読み,「 sa1」と合わせて‘蝶’を意味する。広州では‘蝶’を「蝴蝶 wu4dip2」といい,普通この字は使用しない。
 写真は順徳区の中心である「大良」鎮の名物菓子のパッケージ。小麦粉と砂糖と腐乳を練って油で揚げた菓子で,曲がり具合が蝶に似ているので,同じ名前で呼ばれている。写真は広州市内のメーカーの品で,広州のスーパーで購入した。
  撮影:2000年3月
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 5
083958.jpg  広東語で‘エレベータ’を意味する「lip1」という字。Unicode 3.0では,簡体字のみが収録されたが,3.1で繁体字が追加された。
 語源は英語の‘lift’で,広東風に訛っている。「貨〜」で‘貨物用エレベータ’を意味する。
 写真はオフィスビルの1階に出された案内板。

  撮影:1999年5月,香港特別行政区湾仔区・湾仔
Unicode:282E2
文字鏡:083958
金 9
059979v.jpg  広東語で‘(鋸で)切る’を意味する「gaai3」という字。
 同じ意味の方言字として,香港では意符書換字「」がよく使われ,重慶では「[金解]」が使われている。
 「〜字」は,プラスチック・シートなどの切り抜き文字の事。標準中国語では「割字」と言っている。写真は業者の店頭表示。
 左の『今昔文字鏡』@059979は繁体字。繁体字は古壮字でもある。
  撮影:2000年9月,広東省広州市越秀区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
食 4
067415.jpg  昆明方言で「kuai4」と読む方言字。繁体字では「��(U+2969F)」。本字は「饋」か。「餌〜」は粳米と糯米を混ぜて作る餅。薄く延ばして四角く切り,炒めて食べる。餅の形状は異なるが,上海周辺の「炒餅」と似ている。
 写真は,食堂の入り口に掲げられた表示。新しいメニューとして,この炒めた餅と,焼きそばと,焼きビーフンを載せている。
  撮影:2002年3月,雲南省昆明市
Unicode:未収録
文字鏡:067415
食 5
044087v.jpg  中国語で「shao4」と読む。「〜子」は四川方言で,スープに澱粉を入れて作る餡を意味する。
 写真は,重慶市栄昌県の名物の,平たい円盤状に茹でた麺「鋪盖面」を出す店の看板で,上に乗せる具の一つとして左下に「〜子」が書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@044087は繁体字。
  撮影:1999年8月,重慶市渝中区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
食 9
059507v.jpg  広東語で「sung3」と読み、‘おかず’を意味する方言字。本字は「送」で、ご飯を胃に送るものという発想で意味が広がり、「食」という部首を加えたものといわれる。
 左の『今昔文字鏡』@059507の様に、フォントによっては、「食」と「送」共に字体が違うものが収録されていることがある。
 この写真は,広東料理店紀元の店先に書かれた店名と「今日食乜嘢餸」という言葉。‘今日は何のおかずを食べようか’という意味。
  撮影:2006年9月,兵庫県神戸市中央区
Unicode:9938
文字鏡:未収録
食 9
059507v2.jpg  上記の字の簡体字。部首の「食」が3画で書かれる。
 写真は,レストランの案内。「自選双〜快餐」とあり、おかず2品を自分で選べる定食があることを示している。

  撮影:2007年2月,広東省広州市越秀区
Unicode:2980C
文字鏡:未収録
魚 3
fang0010.jpg   『香港増補字符集』およびUnicode3.1にも収録されている台湾の方言字。台湾語で「too5」と読む。「〜魚」は‘タイワンサワラ’。他に「土托」や「頭」という表記もある。
 宋の『夢梁録』に「〜[魚部]」という語が見えるが,これは「杜父魚」‘かじか’の意味の,意符書換字。
 写真は食堂の入り口。タイワンサワラを唐揚げにして,おかずや,とろみスープや麺の具として出している。
  撮影:2000年5月,台湾・台北県淡水鎮
Unicode:29D5A
文字鏡:232725
魚 4
045996.jpg   台湾の方言字。台湾語で‘ちりめんじゃこ’を意味する「〜仔魚」という語に用いられ,「but4」と読む。『集韻』や『本草綱目』には‘魚の尾’を意味する同じ字が見えるが,関連なさそうに思える。
 写真は食堂の料理名を書いた案内板。ちりめんじゃこを乗せた粥「〜仔魚粥」という語が見える。
  撮影:2001年5月,台湾・台北市中正区
Unicode:9B69
文字鏡:045996
魚 6
魚吐
fang0024.jpg   前出の魚扁に土の字と同じく,台湾語で「too5」と読む台湾の方言字で,旁に「口」が加わっている。「〜魚」は‘タイワンサワラ’。
 写真は食堂の入り口。ここもタイワンサワラを唐揚げにして,とろみスープとして出している。
  撮影:2010年5月,台湾・台南県塩水鎮
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 8
046266.jpg   広東語で「maang1」または「maang5」と読む,香港の方言字。写真では土偏の意符書換字が使われているが,通常「泥〜(nai4maang1)」という語に使われる。‘シモフリアイゴ’を主体とした同属の魚の総称で,香港の岸釣りでよくかかる大衆魚。沖縄のスクガラスにはこの稚魚が使われている。
 『集韻』に同形の字が見られるが,こちらは「胡〜」という甲殻類らしき語に使われていて,暗合と思われる。
 写真は食堂の入り口に貼られたメニューの一部。「果皮蒸〜」と書かれている。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区離島区・大嶼山
Unicode:9BED
文字鏡:046266
魚 12
fang0017.jpg   『香港増補字符集』およびUnicode3.1にも収録されている台湾の方言字。「〜魚」は,他に「朱過魚」、「朱郭魚」、「朱格魚」などの表記もあるが,ニジハタやシモフリハタなど,ハタ科の一部の赤みがかった魚を指す台湾での言い方。この例は「朱過魚」という表記に魚編を付けて意符書換字としているが方言字である。
 写真は小北夜市食屋台に示されたメニュー。スープ1杯の値段がNT$50と安い。
  撮影:2003年3月,台湾・台南市北区
Unicode:29F23
文字鏡:232866

写真字典のインデックスに戻る 「古字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2017. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of