本 字
2008年3月20日更新

 ここでいう「本字」とは,いわゆる「正字」(『今昔文字鏡』では「基本字」と呼ぶ)が定められる前に使われていた小篆に,より忠実な本来の字体です。
 「方言字」や仮借による「俗字」に対する「本字」の意味ではありません。
 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:吓()

止 1
073263.jpg  「正」の本字。左下の角で曲がっており,総画は4。
 写真は韓国の高麗人参の看板。特約販売店の入り口に掲げられている。

  撮影:2000年5月,香港特別行政区湾仔区
Unicode:未収録
文字鏡:073263
曰 6
084416.jpg  「良」の本字。本来は「曰」の上下に別の部品が付いた字体だった事がわかる。
 写真は石清水八幡宮の中にある高良(たから)神社の額。

  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:23329
文字鏡:084416
木 8
014912.jpg  「梨」の本字。本来は、「利」ではなく、「黎」の上部のように作る。このため「梨」という字は、「利」と同じ去声(li4)ではなく、「黎」と同じ陽平声(li2)で読む。
 写真は、川崎大師として有名な平間寺内にある種梨遺功碑の一部。長十郎梨を発見した当麻辰次郎の功績をたたえるために1919年に建てられたもの。
 左の『今昔文字鏡』@014912は「木」の下部を止めているが、写真では跳ねて「ホ」のようになっているので、厳密には異なる。
  撮影:2007年7月,神奈川県川崎市川崎区
Unicode:68C3
文字鏡:014912
水 8

082514.jpg  「淮」の本字。「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っている。このため,筆順も違っている。この様な書き換えは中国でも,「售」、「推」、「焦」、「稚」、「維」、「雄」「雅」、「集」などの字に見られる。
 写真は,淮河医院という病院の看板。淮河(わいが)は蚌埠市街の北側を流れている河の名で、中国の気候上の南北の境目に当たる事で知られる。
  撮影:2008年2月,安徽省蚌埠市
Unicode:未収録
文字鏡:082514
火 2
018854.jpg  「光」の本字。薪と炎を形取った「火」と「儿」の組み合わせで作った会意字かと思ったが,たいまつの様な「火」を持つ「人」に由来するのだという。
 写真は食品雑貨を売る店。テントに書かれた文字からも「光」である事が確認できる。

  撮影:1999年10月,湖南省双峰県
Unicode:706E
文字鏡:018854
生 0
021671.jpg  「生」の本字。「凵」と「土」の組み合わせに作る。
 写真は生命保険会社の看板。2004年に他の保険会社と合併されたので,この看板は無くなっている。

  撮影:1999年12月,大阪市西区
Unicode:24BD3
文字鏡:021671
禾 3

024933.jpg  「年」の本字。「禾」の下に「千」と作っている。他に,「禾」の右に「千」と作る字もある。
 写真は,稲荷鬼王神社の名を刻んだ石柱の裏の説明。建てられた年である「大正四年」を表している。

  撮影:2000年3月,東京都新宿区
Unicode:79CA
文字鏡:024933
禾 8

025120v.jpg  「稚」の本字。上記の「淮」と同様に,「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っているため,筆順も違っている。
 写真は,キリスト教系の幼稚園の表示。中国語では「幼稚園」というのは方言で,大陸では「幼兒園」と称している。
 左の『今昔文字鏡』@025120は常用漢字の字体。

  撮影:1999年9月,香港特別行政区大埔区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
羊 3

050864.jpg  「美」の本字。
 『説文解字』が「羊」と「大」の組み合わせの字だと説明しているのは不適切であると言われている。
 左記の『今昔文字鏡』@050864の様に,「羊」の中心線が左下まで伸びる。

  撮影:1999年5月,香港特別行政区湾仔区
Unicode:未収録
文字鏡:050864
邑 12

049781v.jpg  多少デザインされているが,「郵」の本字。
 これは,台湾の郵便局のマーク。捷運公館駅の構内にある郵便局の入り口に貼られていたもの。
 左記の『今昔文字鏡』@049781は部首の「邑」が略された字体。

  撮影:2000年5月,台湾・台北市大安区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
隹 4
068239.jpg  「雄」の本字。「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っている。このため,筆順も違っている。この様な字体は隷書風の字で頻繁に使われており,「堆」、「推」、「雅」「攤」、「維」、「焦」、「售」、「集」、「稚」「進」など,広く見られる。
 写真は,厦門の観光地鼓浪嶼の日光岩寺で撮影。「大雄殿」(だいおうでん)と書かれているが,「殿」は姿形書換字。

  撮影:1999年7月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:068239
隹 5
084533.jpg  「雅」の本字。上の「雄」同様に「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っている。また,「牙」の形も違う。
 写真は,神戸の南京町にある中国料理店の支店の入り口。「酒」は中古字の字体。

  撮影:1999年12月,兵庫県神戸市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:084533
隹 10
068258.jpg  「雙」の本字。これも「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っている。このため,筆順も違っている。
 写真は,茶の販売店の看板。後ろには「茗茶」と書かれているが,「茗」も‘茶’を意味する。

  撮影:2000年10月,広東省仏山市
Unicode:未収録
文字鏡:068258
隹 10
050563v.jpg  「難」の本字。これも「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っているほか,左上の「艹」または「廿」が「」と作られている。
 写真は霧島屋久国立公園の韓国岳の南麓にある避難小屋の案内表示の一部。
 左の『今昔文字鏡』@050563は常用漢字の字体。
  撮影:2006年8月,鹿児島県霧島市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
隹 12
083079v.jpg  これも「難」の本字。これも「隹」の上部の「ノノ」を「ク」に作っているが,旁の下部も「夫」ではなく「工」の下に「ハ」と作られており,画数が多い。
 写真は,北浜の「難波橋」の途中にある銘板。

  撮影:2001年3月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「中古字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2008. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of