異体字 ほか
2013年4月21日更新

 狭義の異体字です。全体的に違う字形ながら,音、義が同じ字を指します。
 その他の字種も,分類するまで仮においてあります。
 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

一 5

079173.jpg  「喜」の異体字。人名や屋号によくみられる。2000年1月に規格化されたJIS第3水準漢字に含まれている。また,UnicodeにはVer.3.0で追加収録された。
 写真はとんかつ店入り口のテント看板。「よし」と訓読している。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:3402
文字鏡:079173
一 6
084550.jpg  「所」の異体字。写真は南普陀寺前にある清の『乾隆御製碑』の例だが,『廣韻』などにも見られ,中国では常用されている字体といえる。
 左の『今昔文字鏡』@084550の字形では左上部が「型につながっているが,通常はつながらず,「一」の下に「|ソケ」と書く感じが多い。明治27年の『尋常小學讀書教本』巻四には新出漢字として載っている。
  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:084550
| 4
084551.jpg  「年」の異体字の一つ。『中華字海』が斉の『是連公邢阿光墓誌』を典拠に記載している。
 写真は,「生國魂神社」境内にあった,個人寄進の碑。「明治丗六年三月」と,建てられた時期が書かれている。「明」は本字。「丗」は「卅」同様「三十」を意味する。

  撮影:1999年7月,大阪市天王寺区
Unicode:未収録
文字鏡:084551
| 5
084551v.jpg  これも「年」の異体字の一つ。上記の例の横棒が一つ切れて,1画多くなっている。
 写真は,石屋川に架かる貝尻橋という歩行者用の橋。「昭和四十七年三月」と,架けられた時期が書かれている。

  撮影:2000年9月,兵庫県神戸市東灘区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
| 5
084552.jpg  もうひとつ別の「年」の異体字。上記の例の上に「ノ」を加えた様な字形だが,「|」は2画目から上に突き出ていない。
 写真は,木津川にかかる御幸橋の欄干に彫られた字で,竣工時期を示すもの。「昭和五年七月竣功」とある。

  撮影:2000年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:084552
| 5
084552v.jpg  もうひとつ別の「年」の異体字。上記の例の上に「ノ」が左に移動し、「年」に近い。
 グエン王朝12代皇帝の啓定帝を祀る陵廟の正面の対聯。「四面獻奇觀風景別開宇宙 億年鍾旺氣江山長護儲胥」と記されているものの一部。
  撮影:2007年7月,ベトナム・トゥアティエン・フエ省フエ市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
| 6
084553.jpg  さらに別の「年」の異体字。これは下から2本目の横棒だけが切れている。
 写真は,御霊(ごりょう)神社境内にあった碑。こちらも「大正四年」と,建てられた時期が彫られている。
左の『今昔文字鏡』@084553は修正を要する。

  撮影:1999年12月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:084553
丿 3

050687.jpg  「第」の異体字。日本人なら誰でも知っている様な俗字にもかかわらず,JIS規格には未収録。UnicodeにはVer.3.0で追加収録された。
 写真は24時間営業の自動式駐車場の看板。

  撮影:2000年8月,大阪市北区
Unicode:3427
文字鏡:050687
人 4
000374v.jpg  「仙」の異体字。旁の「山」を篆書風に「人」と「凵」の組み合わせに作っている。同様の例は,「汕」などにも見られる。
 写真は,中国料理店の提灯看板。

  撮影:2001年11月,奈良県奈良市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
刀 2
076504.jpg  「兩」の異体字。「刀」に横2画を加えた字としている。この字を収録している字書は少ないが,1936年出版の『辭林』に収録されている。同じ重量単位である「匁」と関係ありそうな字体だが,重さはそれぞれ37.8gと3.75gと大きく異なる。
 写真は,市場の薬草に付けられた値札。
 『今昔文字鏡』@076504は、文字部品として収録しているもの。
  撮影:2008年12月,香港特別行政区中西区
Unicode:未収録
文字鏡:076504
山 0
084555.jpg  「山」の異体字。真ん中の縦線が,「人」と作られており,山の形をイメージしやすい。
 写真は,JR松山駅正面の駅名表示で,松山驛と書かれている。右の『今昔文字鏡』@007869は常用漢字の字体。

  撮影:2006年9月,愛媛県松山市
Unicode:未収録
文字鏡:084555
口 3

003282.jpg  「口」を二つ並べた字で,「ケン」と読み,‘やかましい’を意味する。中国語では,横に注音符号で記されている通り,「xuan1」と読む。
 写真は臭豆腐のチェーン店の看板。‘やかましい’という意味は関係なく,「口」の数が順に増える字を並べて屋号としている。「口」を豆腐に見立てたものか。
 なお,『辭林』には「隣」の俗字としてこの字体が載っている。
  撮影:2000年5月,台湾・台北県淡水鎮
Unicode:5405
文字鏡:003282
口 9

003908v.jpg  「哲」の異体字。活字では左の『今昔文字鏡』@003908の様に部品が「士」に作られているが,写真は「土」に作られている同字の例。
 「法務士」事務所の入り口に掲げられた看板の写真。ハングル3字は「サムソ」という音を表記しており,「事務所」を意味する。現在,韓国では漢語もハングルで書く方が一般的となっている。
  撮影:1999年12月,韓国・ソウル特別市鍾路区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
山 2
084554.jpg  「出」の異体字で,「二」と「山」の組み合わせとなっている。
 『宋元以来俗字譜』にも収録されており,現在も中国では俗字として広く使用されている。また,「礎」の簡体字「や「屈」などの部品に使われている例もある。
 写真は自動車修理工場の入り口の指示で,「出口」と「出入下車」と書かれている。
  撮影:1999年10月,天津市河東区
Unicode:未収録
文字鏡:084554
木 11
015623v.jpg  韓国国字か。福島県相馬郡鹿島町に橲原(じさはら)という地名がある。「橲」は中国の字書類に見られず,国字とされているが,似た字である。韓国では「喜」や「」もそれぞれ「」、「」と書かれる事が多いので関連があろう。
 写真は梵魚寺にある石に刻まれた人名。別の面に甲午甲補寺有功壇と彫られていたが,1894年ごろのものか。
 左の『今昔文字鏡』015623はJIS第二水準にある字。
  撮影:2003年12月,韓国・釜山広域市金井区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 4
084556.jpg  「汕」の異体字。「山」を篆書風に「人」と「凵」の組み合わせに作る例は,日本でもよく目にするが,さんずい偏がついた字は汕頭以外ではなかなかお目にかかれない。

  撮影:1998年10月,広東省汕頭市
Unicode:未収録
文字鏡:084556
玉 8
084564.jpg  「瑞」の異体字。「瑞光禪寺」と書かれている。「光」が本字となっている所を見ると,古風な字体と思えるが,未詳。「禪」の「口」は「厶」に減画されている。

  撮影:1999年6月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:084564
示 5

057356.jpg  「算」の異体字。中国で第二次簡化方案やシンガポールの簡体字案に入れられて,置き換えを検討された時期があるが,現在は俗字として扱かわれる。
 写真は,文具店の店頭のガラスに貼られた扱い商品を示す字で,「計〜器」は‘電卓’の事。他に「学生用品 筆類」、「歓迎光臨」の字が見える。

  撮影:1999年10月,上海市徐匯区
Unicode:7958
文字鏡:057356
艸 8
056222.jpg  ナス科の植物‘タバコ’とその加工品を意味する字。読みは「エン yan1」で,この意味においては「煙」または「烟」の異体字となるが,‘けむり’という意味はない。「ヨ yu1」という読みでは‘しおれる’という意味になる。
 写真は,中正国際空港の喫煙室の看板。台湾ではこの字を使うのが基本だが,同じ繁体字を使っていても,香港ではほとんど「煙」が使われている。
  撮影:2000年5月,台湾・桃園県大園郷
Unicode:83F8
文字鏡:056222

写真字典のインデックスに戻る   「変体仮名」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of