変 体 仮 名
2003年11月9日更新

 現在公的な文字コードが決められていない仮名です。明治19年に文部大臣森有礼によって教科書検定制度が始まる前には,小学校の教科書にも用いられていました。漢字の草書体と区別が付きにくいという問題はありますが,濁点や半濁点を付けるという使用方法は,漢字とは異なります。(但し,謡曲の教本には連濁する漢字に濁点を打って読み間違えないようにしているものがあります。最近ではアルファベットの「H」に濁点を付けた商品名まであったりしますが。)


     ゛
kanaga.jpg  濁点付きの「可」に由来する変体仮名。
 相撲料理(ちゃんこ料理)のチェーン店「志可゛」の案内。「しが」と読むが,同じ字がのぼりにも書かれている。

  撮影:1999年9月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanago.jpg  濁点付きの「古」に由来する変体仮名。「ざ」同様に濁点は小さく彫られている。
 写真は明治2年6月に建てられた道標の例。橋本の宿場から淀川対岸の山崎、愛宕方面に向けて出ていた渡し船の乗り場案内で、「山ざき あ多〜」の文字が見える。「世話人 角屋三良兵衛、北之町吉之助、渡シ中間」という字も彫られていた。
 他の用例はこちら
  撮影:2000年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

kanasa.jpg  「さ」同様に,「左」に由来する変体仮名。
 写真は日本料理店の看板。屋号は「満左古゛」と書いて「まさご」と読む。
 左の『今昔文字鏡』@069463は「佐」に由来する「さ」。人偏が多い。

  撮影:2000年10月,京都府亀岡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanaza.jpg  上記の「左」に由来する変体仮名に濁点がついたもの。
 写真は食料品店の前で売られていた甘酒。小さい表記の方にこの字が使われている。
 左の『今昔文字鏡』@069463は「佐」に由来する「さ」。人偏が多い。

  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanaji.jpg  濁点付きの「志」に由来する変体仮名。大正14年発行の三省堂の国語辞典『廣辞林』は「し」と「じ」だけを変体仮名で表記しており,この字が全編にわたって使われている。
 写真は染色業者の看板。「麹」を意味する「古う志゛」を屋号としている。

  撮影:2000年5月,京都市下京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanada3.jpg  道標に見える,濁点付きの「多」に由来する変体仮名。見方によっては「ど」の様にも見えるが,1画目が長く,左に曲がっているので,「ど」ではない。
 お水取りで有名な二月堂を「二月多゛う」と表記している。他には「手向山八幡」、「大ぶつ」の字が見える。後ろに弘化4年(1847年)3月という日付が彫られていた。

  撮影:2000年11月,奈良県奈良市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanada4.jpg  これも濁点付きの「多」に由来する変体仮名の別字体。
 串焼きの店「多゛るま」の看板。「だるま」と読む。
 神戸の呉服店の屋号にも類似の例がみられる。

  撮影:2003年4月,東京都立川市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanadu.jpg  濁点付きの「津」に由来する変体仮名。
 うなぎ店「志津゛可」ののれんに書かれた店名の表示で「しづか」と読む。

  撮影:1999年6月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanado.jpg  「登」に由来する変体仮名。
 写真はうどん店の看板で,「手打う登゛ん」となっている。

  撮影:2000年11月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanaba.jpg  濁点付きの「者」に由来する変体仮名。
 この字は,助字を訓読みした時の「は」に濁点を付けている。
 京阪神にチェーン店を持つそば屋「都楚者゛」の店名表示。

  撮影:1999年7月,大阪市淀川区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanabu.jpg  濁点付きの「婦」に由来する変体仮名。
 東京に本店を持つそば屋「や婦゛そば」の店頭に示されている店名表示。

  撮影:1999年6月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゜
kanapu.jpg  半濁点付きの「婦」に由来する変体仮名。
 有楽町にある天婦羅店の表示だが,この店では「天婦゜良」と表記している。

  撮影:2001年7月,東京都中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛
kanabe.jpg  濁点付きの「遍」に由来する変体仮名。
 写真は,関東各地に店舗を持つせんべい店「おせんべいやさん本舗」の看板。「い」も「以」に近い3画の変体仮名。

  撮影:2000年7月,埼玉県所沢市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛

kanabo.jpg  濁点付きの「保」に由来する変体仮名。
 「ねぼけ堂」という和菓子店の店頭に示されている商標。「祢保゛希」で「ねぼけ」と読む。

  撮影:1999年6月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

     ゛

kanabo2.jpg  濁点付きの「本」に由来する変体仮名。
 御霊神社の境内にあった石碑。「うつ本゛」という表記で「うつぼ」と読む。説明書きなどは見あたらなかったが,近くに「靱(うつぼ)公園」がある様に,土地の名前を指しているものと想像する。
 濁点が,小さく,彫りも他の字画よりも浅いが,後で付け加えられたのかどうか不明。
  撮影:1999年12月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2003. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of