簡 体 字
2008年3月20日更新

 編や旁を一部簡略化した,現代中華人民共和国の正字です。中国文字改革委員会が1955年に発布した『第一批異体字整理表』や1986年に再発表された『簡化字總表』が規範とされています。ここでは,制定前から使われていた,あるいはこれらの規範と無関係に使われていると考えられる同一か類似する字形の字を紹介します。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

人 4
051183.jpg  「傘」の簡体字。日本で,「傘」を略字で書く場合,「」と作る事が多いが,この例では,放射状に骨が2本多く書かれており,中国の簡体字と同じとなっている。
 写真は,傘の修理を行う店の看板。

  撮影:2004年7月,福岡県北九州市門司区
Unicode:4F1E
文字鏡:051183
冖 3
051048.jpg  「寫」の簡体字。常用漢字の「写」と異なり,「与」の横棒が右に突き抜けない。
 写真は,図面、マイクロ写真の加工会社の提灯看板。「栄」、「業」、「真」は簡体字ではなく,常用漢字となっている。

  撮影:2000年11月,大阪市北区
Unicode:5199
文字鏡:051048
厂 4
051161.jpg  「壓」の簡体字。日本の常用漢字「圧」と同じく,中の「」を取り去った字体だが,中国では「土」の部分に「丶」を打った意符書換字を元にしたとみらる。
 写真は,工業材料を売る店の看板。「〜克力」は‘アクリル’の音訳。中国大陸では「有机玻璃」と呼んでいるので,こういう表記の看板を目にする事はほとんどない。
  撮影:2003年3月,台湾・台南市中区
Unicode:538B
文字鏡:051161
囗 5
051476.jpg  「圖」の簡体字。中の「」を「冬」に置き換えた交換略字である。「冬」は草書の楷書化による部品で,1951年の『第一批簡体字表』では,下の点が「ツ」の様に三つの部品となっていた。
 写真は,衣料品店の看板。「着」と「鑑」は簡体字ではなく,繁体字となっている。
  撮影:2003年3月,台湾・台南市中区
Unicode:56FE
文字鏡:051476
土 3
051157.jpg  「場」の簡体字の同字。簡体字は「昜」を草書に基づいて簡略化している。
 写真は,淀川を渡る渡し場の案内。明治2年6月に建てられたもので,「の里場」(乗り場)という字が見える。厳密には土偏が2画になっている。

  撮影:2000年1月,京都府八幡市
Unicode:573A
文字鏡:051157
巾 3
051038.jpg  「師」の簡体字。左の「」を「リ」に換えた交換略字。草書で縦棒を二つ書くようにするのを楷書化したものだが,敦煌の写本にも用例があり,日本でも比較的広く使用されている。
 写真は,日本料理店の表示。「漁師料理」とあるが,「漁」は姿形書換字が使われている。
  撮影:2003年6月,愛知県知多郡南知多町
Unicode:5E08
文字鏡:051038
广 3
051194.jpg  「慶」の簡体字。実際には「广」の中が「大」となっている交換略字。もともとは,草書から楷書化したものと言われるが,1951年の『第一批簡体字表』には収録されていない。
 写真は,道観の慈祐宮に吊ってあった行灯。「四海同慶」と読める。

  撮影:2002年5月,台湾・台北市松山区
Unicode:5E86
文字鏡:051194
爪 6
051014v.jpg  「愛」の簡体字の同字。「爪」の向きと「友」の曲がり具合が異なる。簡体字の「」は「心」を「一」に略している様に見えるが,この字の場合は,一見「心」を省略している様に見える。しかし下部は4画で書かれており,「夊」や「夂」ではない。
 写真は,塩官鎮で民国15年(1926年)に掘られた第二井戸を説明する,当時の石板。
 左の『今昔文字鏡』@051014は「爪」の向きが正式な簡体字と異なる。
  撮影:2000年9月,浙江省海寧市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 5
051642.jpg  「標」の簡体字の同字。旁の「西」を取り除いた減画略字。正式な簡体字の字体では,「ハ」が「二」に接しない。
  写真は,郵便局の前に張られた表示。「禁止標貼」で‘張り紙禁止’の意味だが,ポルトガル語の方には「anuncios」‘広告’という語を加えている。

  撮影:2003年11月,澳門特別行政区
Unicode:6807
文字鏡:051642
立 4
051677.jpg  「竪」または「豎」の簡体字。「竪」の「臣」が「」となっている交換略字で,1951年の『第一批簡体字表』にも所収。  レタリングの都合上か,「町」の字体がおかしく見える。
 写真は,商店街の電柱に付けられた住居表示の看板。

  撮影:2003年10月,石川県金沢市
Unicode:7AD6
文字鏡:051677
糸 4
051392v.jpg  「納」の減画略字。糸を,簡体字は最後を離して書くが,この字は続けて書いている。康煕字典では「内」の部品を「入」と作るが,この字は常用漢字や簡体字と同じく「人」と作られている。
 写真は,真清田(ますみだ)神社内にある狛犬の台座。
 左の『今昔文字鏡』@051392は正式な簡体字の字体。
  撮影:2008年3月,愛知県一宮市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 10
052484v.jpg  「藍」の交換略字。正式な簡体字とは草冠や「ケ」の様な部品の字体が異なるが,「臣」を縦2本の線に変える略仕方は共通している。
   写真は,飲食店の看板。
 左の『今昔文字鏡』@051677は正式な簡体字の字体。

  撮影:2005年8月,徳島県徳島市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 3
051146.jpg  「記」の簡体字の同字。言偏を中国の簡体字では2画で書くが,この例は3画で書いている。
 写真は,記念橋という橋の欄干。
 左の『今昔文字鏡』@051146は正式な簡体字。

  撮影:2000年2月,大阪市生野区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 8
052050.jpg  「調」の簡体字。言偏が2画のものになっている。
 写真は,名古屋の「イチビキ」という味噌メーカーが販売している,小分けされた味噌カツソース。岐阜県内のスーパーで購入した。縦長の袋に対して斜めに字が印刷されている。

  撮影:2000年12月
Unicode:8C03
文字鏡:052050
門 0
051087.jpg  「門」の簡体字。全体の形を残しながら3画にしている。現在の日本ではまん中に点を打つ略し方の方が多いが,この例では,中国の簡体字同様に左上の角に点を打っている。
 写真は鍵とゴム印の店の看板。「開」という字も同様に略して書かれていた。

  撮影:2001年10月,愛知県東海市
Unicode:95E8
文字鏡:051087
魚 5
052400.jpg  「魯」の簡体字。魚の4つの点が1本の線になっている。
 写真は,煮込んだ豚肉の細切れを乗せたご飯「魯肉飯」を出す食堂の看板。「魯」は宛字で,本字は「鹵」だが,口偏を付けた「」及び,減画した「」も使われている。「肉」は姿形書換字。

  撮影:2001年5月,台湾・台北市大同区
Unicode:9C81
文字鏡:052400
魚 6
052699.jpg  「鮮」の簡体字。これも魚偏の4つの点が1本の線になっている。「馬」や「鳥」でも同様の省略はよく行われるが,これらは4つの点以外の部分も略されており,簡体字と同形になりえるのは魚偏の字だけである。
 写真は,台湾料理と海鮮料理を出すレストランの看板。他に「鮮花店」などの看板でも同じ字を目にする事がある。

  撮影:2001年5月,台湾・苗栗県苗栗市
Unicode:9C9C
文字鏡:052699

写真字典のインデックスに戻る   「擬声擬態字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2006. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of