国 字
2013年4月17日更新

 日本で作られた,漢字風の文字です。通常は訓読みされますが,音を持つものもあります。



儿 18

zoji001.jpg  えびと読む造字。えびの表記には,日本で一般的な「海老」という熟字訓の他,「蛯」という国字や「蝦」、「鰕」という漢字もあるが,これらを用いずに「海」と「兜」を合わせた字を作っている
 写真は,綾瀬にある「えびや」と読むカレー店の看板の一部。

  撮影:2007年1月,東京都足立区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
口 7
003706.jpg  「〜酒」で「ききざけ」と読む。中国にも「li4」と読み,語気助詞や音訳字として使われる同字体の字があり,清ではイギリスを「英吉利」の各文字に口偏を付けて書いた。また,チワン族の古壮字にも同字体の字があるが,いずれもテイスティングの意味は無く,「利く」をもじって作られた国字と思われる。この字はJIS第三水準に収録されている。
 写真は伏見の酒蔵を利用して造られたバー?の表札。開店時間ではなかったので内容不明。
  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:550E
文字鏡:003706
口 14
ロ美未
goji01.jpg  広東料理の店名に見られる「美味」の合字。ローマ字で「BE-MI」と書かれているが読みは「びみ」である。口偏に「美」と「未」という二つの音符を加えいるという構成は漢字としては珍しいが,この店で作った造字である。
 10年間ぐらい広尾にあった店なので,読める人は結構いたかも知れないが,2003年12月に閉店した。
  撮影:2003年4月,東京都渋谷区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
土 3
004900.jpg  「あくつ」と読む字。低湿地を意味する常陸方言であるので、方言字と考えることもできる。栃木県では「あくと」、千葉県では「あくそ」と訛る。茨城県では姓にも用いられているが、出身地によるものであろう。
 写真は茨城交通のバス停の標識の一部。この場所は、那珂川脇に位置し、現在は水利整備も完了しているが、確かに低湿地であった場所である。
  撮影:2010年3月,茨城県水戸市
Unicode:5737
文字鏡:004900
土 6
054528.jpg  河川の名に用いられている国字。読み仮名の通り、「垳」は「がけ」と読む。この川の北側にある地区を「垳」といい、河川の名前は地名から付けられたものであろう。
 用例はこの地区にしかないが、JIS第二水準に収録されているので、どのパソコンでも使える字である。

  撮影:2007年1月,埼玉県八潮市
Unicode:57B3
文字鏡:054528
宀 7
066425v.jpg  「最」の姿形書換字の意符書換字。「最」の「日」を「宀」に換えているが,中国で用例が見つからないので,国字に分類してもよかろう。最澄の署名にこの字体が見られる。
 写真は,興福寺境内にある,弘法大師の手植えとの言い伝えがある松の由来を記した「花之松ノ碑」の一部。「樹容〜モ盛ンニシテ」などと彫られている。
 左の『今昔文字鏡』@066425は,この字の姿形書換字。
  撮影:2000年11月,奈良県奈良市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 3
050224.jpg  「櫔」の減画略字「��」の交換略字。「栃」の減画略字とも考えられる。いずれも読みは「とち」である。
 写真は,ビルの正面の名称表示。とちきビルと読む。1920年建造の建物で,近代化産業遺産にもなっている。

  撮影:2009年11月,北九州市若松区
Unicode:6764
文字鏡:050224
木 5
076251v.jpg  国字「ます」の意符書換字。もともと「升」だけで‘ます’の意味を持つが,木偏を付けて‘昇る’などの字義と区別したと考えられる。この例では,右下に「丶」が打たれていて,1画多い。
 写真は,商業ビルの屋上に建てられた蒲鉾メーカーの看板。
 左の『今昔文字鏡』@076251は「丶」の位置が異なる同字。
  撮影:2001年2月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 8
054588.jpg  「しで」と読む。JIS第二水準に収録されている字だが,現在では地名字としてのみの用例しかないようで,しかもこの地区でしか使われていない珍しい字。
 写真は竜田川にかかる「しではらおおはし」の銘板。この橋を渡って坂を上ったあたりでは菊見台という住宅地が開発されていて,「大字椣原」の地名が使われる範囲も狭くなりつつあるようだ。
  撮影:1999年7月,奈良県生駒郡平群町
Unicode:6923
文字鏡:054588
木 8
木鼡
065338v.jpg  「ねずこ」または「くろべ」と読む。ねずこは,ヒノキ科クロベ(黒檜)属の植物。木曽五木の一つで,下駄などに加工されている。木曾節の中では「ねず」と歌われている。
 普通は木偏に「鼠」と書くが,これは「鼠」の異体字「鼡」を旁に付けている。
 写真は中山道馬籠(まごめ)宿の土産物店の暖簾。木偏の字がいろいろ書かれているが。左の「檜」(但し減画略字)や「椹(さわら)」も木曽五木にあげられている。
  撮影:2001年8月,長野県木曽郡山口村
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 12

056482.jpg  地名で「ぬで」と読む字。意味は,ウルシ科ヌルデ属の植物であるヌルデの古名と考えられる。万葉仮名では奴天などと当てられた。熟字訓で白膠木と書かれるが、現代中国語では塩膚木、鴉膽子という。
 「」という字は、JISに誤って「椦」と収録されてしまったため、メーカー補充字として使われていた経緯がある。
 写真は島町公民館の看板。となりにぬるでセンターという建物がある。
  撮影:2013年4月,群馬県前橋市
Unicode:6A73
文字鏡:056482
示 8
ネ辛し
zoji002.jpg  左の字はカレーと読む造字。意味と音を兼ねたと思われる「辛」と音を示すと思われる「礼」を組み合わせている。また、右の字は「辛」の「十」を「米」に換えてカレーライスと読ませている。
 写真は,綾瀬にある「えびや」と読むカレー店の看板の一部。

  撮影:2007年1月,東京都足立区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 14
056491.jpg  「ひえ」と読む国字。‘ひえ’と読む「稗」に草冠を付けた意符書換字だが,日本でしか使われないので,国字と言える。
 地名としては,他に京都府亀岡市の「〜田野町」(ひえだのちょう)や新潟県小千谷市の「〜生」(ひお)の例がある。
 写真は,大阪市営地下鉄門真南駅構内にある周辺案内地図の一部。

  撮影:2000年12月,大阪府門真市
Unicode:85AD
文字鏡:056491
金 7

040597.jpg  JIS第二水準にある字。「錻力」で「ブリキ」と読む。「ブ」という音読みが基本だが,一字で「ぶりき」という訓もある。
 写真はブリキ店の入り口に取り付けられた照明付きの看板の側面。

  撮影:2000年2月,大阪市西成区
Unicode:933B
文字鏡:040597
金 7

055836.jpg  JIS第二水準にある字。「かざり」と読む。「錺金具(かざりかなぐ)」の様な熟語も日本の建築、工芸の業界でよく使われている。「飾」の姿形書換字に「餝」があるが,その意符書換字か。
 写真は雨樋などの修理をするブリキ店の看板。
  撮影:2000年7月,大阪市北区
Unicode:933A
文字鏡:055836
雨 76
M066147.jpg
066147.jpg  おとど、たいと、だいとなどと読むとされる国字。本来、雲が3つの「䨺」(タイ)と龍が3つの「龘」(トウ)からなる熟語を1字と誤認した、または合字としたものともいわれる。
 写真は北松戸のラーメン店のテント。この例では,龍の回りに雲を3つと龍を2つ配した形となっている。実在が疑われていた字が店名に実際に使われることで、明確に実在する字となった。
  撮影:2011年10月,千葉県松戸市
Unicode:未収録
文字鏡:066147
魚 2

045969v.jpg  「えり」と読み、漁具の一種を意味する国字。魚編の下部は「大」となっている。
 「雪比良の茜に染まる朝をはや 魞打つ槌のこだまは澄めり」という句が彫られた句碑の一部。
 左の『今昔文字鏡』@045969は、Unicode 2.0に収録されている、「魚」が点4つの字体。
  撮影:2007年1月,滋賀県守山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 6

054743.jpg  国字。JIS第二水準にある字。この字は‘ごり’と読む事が多いが,ここでは‘めばる’と読む。魚偏の字体が違う姿形書換字もある。
 写真は鮴崎郵便局の入り口にある表示。英語で読みが示されている。
  撮影:2003年2月,広島県豊田郡東野町
Unicode:9BB4
文字鏡:054743
魚 6
魚早
zoji003.jpg  個人の造字と思われる文字。魚偏に久の字と合わせて「ひさ」と読ませている。 魚を右に久を左に書く字は字喃にある。
 写真は魚料理を売りにする居酒屋の看板。

  撮影:2010年8月,東京都大田区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 11

046424v.jpg  国字か。左の『今昔文字鏡』@046424は,偏の形が違うが,諸橋轍次『大漢和辭典』で未詳文字となっている字。
 写真の例は,寿司と弁当の店が「とと」と読ませていて,造字とも思えるが,実際に使われているのは事実。すでにこの店はなくなったが,当時地元の電話帳を見ると「魚魚家仲」と記され,外字はつくられていなかった。
  撮影:1999年6月,大阪府吹田市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「異体字ほか」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of