交 換 略 字(2)
2013年5月26日更新

 正しいとされる字体の一部を別の部品に置き換えて,書きやすくした字を指します。よって通常俗字とされます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

攵 6
084540.jpg  「變」の交換略字で,「変」の同字。「」を「亦」に書き換えているのは「変」と同様ながら,下側の「攵」が「夂」に変えられていないため,総画は常用漢字よりも1画多い。なお,中国の簡体字では下側を「又」と作るほか,「亦」の字形も異なる。
 写真は「玉出変電所」の銘板。大阪の他の変電所でも用例がある。
  撮影:1999年9月,大阪市西成区
Unicode:未収録
文字鏡:084540
火 1
018853.jpg  「煤」の交換略字。「某」が「礼」の旁に書き換えられている。この字は文化大革命後の『第二次漢字簡化方案』第一表に収録されて試用された後に廃止された俗字。
 写真は塀にペンキで書かれた工事用の表記。「〜气」で‘ガス’を意味する。下に伸びているのは「↓」という記号の一部。
 左の『今昔文字鏡』@018853は「サツ」と読む同形の字。
  撮影:2001年1月,上海市徐匯区
Unicode:未収録
文字鏡:018853
火 6
050266v.jpg  「燒」の交換略字。常用漢字の「焼」と似ているが,1画多い。「焼」は右上の「土」3つを「卉」と略しているが,この例では「世」の古字「」の様に作っている。
 写真はたい焼の屋台の表示。他に焼肉店の看板などで,たまに用例を見かける。
 左の『今昔文字鏡』@050266は常用漢字の字体。
  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
疒 8

079402.jpg  「瘤」の交換略字。中の「留」を「畄」と書いている。この略し方は簡体字ではない。
 写真は壁に書かれた病院の宣伝。「腫瘤専科」と読める。

  撮影:2005年3月,山東省恒台県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
皿 8

005382v.jpg  「鹽」の交換略字で,「塩」の同字。台湾でよく目にするが,『玉篇』に収められており,大陸でも古来使われていた様である。もとの「鹽」の部首を考えると,「土」が皿の上側にある方が自然で,「塩」の方が派生字であろう。
 写真は淡水鎮の鶏料理の店の看板。「」も「」の交換略字。
 左の『今昔文字鏡』@005382は,常用漢字の字体。
  撮影:2000年5月,台湾・台北県
Unicode:25081
文字鏡:未収録
石 7
024364v.jpg  「磁」の交換略字。旁の内,左の「幺」の最後の「丶」を省き,右の「幺」を「卜」に換えている。この字は,割と広く使われている俗字。簡体字でも「磁」と書くのが正しい。
 写真は雑貨店が出した商品の掲示で,「スターの歌 磁気ディスク 3本10元 磁気テープ 4本10元」とあるが,CDとカセットを指していて,量詞の使い方もおかしい。‘テープ’の「帯」は「袋」の意符書換字を使った宛字。
  撮影:2001年6月,江蘇省蘇州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
耳 2
029018v.jpg  「職」の交換略字で,旁の「」が「厶」に書き換えられている。日本では次の様に旁を「云」と書き換える例の方が多いが,榎村陽太郎氏の『漢字をやさしく日本簡体字のすすめ』は両方を例示している。
 写真は栃木県西方町の株式会社もめん弥という煎餅店が販売している商品の袋に貼られたラベル。ブランドらしく,「がんこ職人」と読める。大阪市内の百貨店で購入した。
 左の『今昔文字鏡』@029018は一般的に見られる交換略字の字体。
  撮影:2002年12月
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
耳 4
029018.jpg  これも「職」の交換略字で,旁の「」が「云」に書き換えられている。日本では日常生活でも使っている人は少なくないが,看板に書かれている例はさほど多くない。
 写真は印章店の看板。名刺やはがきの印刷も請け負っており,「退職挨拶状」と書かれているものの一部。
 左の『今昔文字鏡』@029018は「ウン yun2」と読み‘耳鳴り’、‘鐘楼の音’などを意味する同じ字体の字。
  撮影:2001年3月,大阪市北区
Unicode:803A
文字鏡:029018
米 6
067243v.jpg  「」の交換略字。旁の「團」を類推によって簡体字に書き換えている。しかし,正しい簡体字を規定した『簡化字總表』は,米偏のない「」を載せており,これは俗字。
 写真は中国式の点心類の販売店の表示。「〜」で‘餅や団子’を意味する。
  撮影:2000年1月,上海市盧湾区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
缶 2
079341.jpg  「罐」の交換略字。旁を「又」に書き換えている。この様な例は,「權」、「歡」、「勸」などの正式な簡体字にも見られるが,「罐」の交換略字は俗字として扱われている。
 写真は天津西駅前の食料品店のガラスに貼られた字。「〜頭」で‘缶詰’を意味する。

  撮影:1999年10月,天津市
Unicode:未収録
文字鏡:079341
肉 5
029705v.jpg  「腰」の交換略字。旁の上の「襾」を「又」に書き換えている。
 旁の部分だけでも,「要」の交換略字として使用される。『第二次漢字簡化方案』の第二表には「襾」を「」に変えた字を掲載している。
 写真は薬局の掲示。「腰痛」などの症状を書いている。
  撮影:2001年12月,広東省江門市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
艸 8

054265v.jpg  「藤」の交換略字。草書の字形を楷書化しており,「月」を「子」に,「」を「未」に書き換えている。冠は草書によくみられる「」という字形。
 写真は,「藤味庵」という屋号のそば屋の看板。
 左の『今昔文字鏡』@054265は常用漢字の字体。
  撮影:2002年2月,茨城県水戸市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
虫 4
虫戈
033754v.jpg  ‘渡り蟹’を意味する「」の交換略字。「截」の部分を「戈」だけで書いている。福建では「」とも書くが,これは音符書換字。
 写真は福州のレストランの生け簀の前の表示で,「紅正〜」は,写真には写っていないが,紅い色をした渡り蟹の一種。
  撮影:2000年1月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
見 5
034928v.jpg  「覽」の交換略字。「覧」と同じく右上の「」が略された上で,「臣」が「リ」の様に略されている。中国の簡体字も類似の略し方をしているが,簡体字は「見」の部分も略している。
 写真は,大正7年(1917年)に建てられた「北白川宮成久王殿下覧古碑」の一部。
 左に示した『今昔文字鏡』@034973は,常用漢字の字体。
  撮影:2003年1月,大分県別府市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
見 8
034973v.jpg  「覺」の交換略字。上部を「リホ」の様に略している。「覺」の交換略字には,常用されている「覚」の他,「」の部分だけを「リ」の様に略した字も多く使われている。
 写真は,日枝神社に立つ「國寶日枝神社沿革碑」の一部。「慈覺大師」の名が彫られている。岩澤新平という方が1965年に書かれたもの。
 左に示した『今昔文字鏡』@034973は,基本的な字体。
  撮影:2000年7月,埼玉県川越市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
貝 4
036839v.jpg  「購」の交換略字。旁を「井」に略している。これは,下に示した「講」の旁を「井」と略す例からの類推と思われる。簡体字で正しく書くと「」。
 写真は,廃品回収業者の出した掲示。「收〜泡沫」は‘発泡スチロール買い取り’という意味だと思われる。
 左に示した『今昔文字鏡』@036839は姿形書換字。「井」の由来が想像できる。
  撮影:2001年6月,浙江省臨安市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
言 4
051201v.jpg  「講」の交換略字。旁を「井」に略している。現在の簡体字が公布される前から俗字として使用されていた字。「講」と「井」は,方言音を見ても同音ではない。
 写真は,衣料品店の商品説明。「メーカー採算割れ 値切らないで」という意味の「廠家虧本 請不講價」という字が書かれている。
 左に示した『今昔文字鏡』@051201は簡体字で,言偏も簡略化している。
  撮影:2000年11月,重慶市渝中区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 3
038361v.jpg  私有地入口の注意書きに見える「輛」の交換略字。「兩」を「刃」に書き換えている。簡体字で正しく書くと「」である。「外来車輛 進門下車」とあるが,‘外来車輌の入門は下車する事’と言われても,実際どうしたらいいのか迷ってしまう。
 左に示した『今昔文字鏡』@038190は,「ジン ren4」と読む別字で,字形も異なる。
  撮影:2001年6月,浙江省杭州市西湖区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 4
038209.jpg  駐車場の注意書きに見える「輛」の交換略字。「兩」を「内」に書き換えている。
 左に示した『今昔文字鏡』@038209の字体は,「内」の部品が「入」で,写真の例の「人」とは厳密には異なるが,Unicodeでは包摂している字形。
 写真は,「人・車輌の通り抜け厳禁」と書かれた例。

  撮影:2000年5月,京都市中京区
Unicode:8EDC
文字鏡:038209
車 6
051671v.jpg  役所の看板に見える「輕」の交換略字。旁は「王」と「ソ」を組み合わせた形で,伝統的な中古字に近いが,扁は新中国の簡体字で,両者がアンバランスに組み合わされた俗字。同様の交換略字に「勁」などがある。
 写真は,「第二軽工業庁」という省レベルの役所の入り口。「業」と「庁」は正式な簡体字が使われている。
 左の『今昔文字鏡』@051671が正式な簡体字。
  撮影:2000年11月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 8
038468v.jpg  「輿」の交換略字。左上部分が縦線2本に替わっている。この略し方は「學」「覺」「與」「興」「譽」などにも共通してみられ,中国においても同様の略し方が行われているが,必ず左上部分だけが略され,右上部分が略された例は見たことがない。
 写真は奈良井宿の鎮(しずめ)神社の説明板。神輿渡御は毎年8月12日に行われている。
  撮影:2001年8月,長野県木曽郡楢川村
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
3
084955v.jpg  「辺」と同じく,「邊」の交換略字。旁が「刃」に書き換えられている。
 写真は服のリフォームの店の看板。「車布〜」は‘ミシンで布の縁をかがる’という意味。「寢」の意符書換字も見られる。
 左の『今昔文字鏡』@084955は「邊」の姿形書換字で,同じく「刃」が含まれている。
  撮影:2001年5月,台湾・台北市大同区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
6
050531v.jpg  「遵」の交換略字。部品の「尊」は,1977年発表の『第二次漢字簡化方案』で「」と書いたが,それを応用している。しかし『第二次漢字簡化方案』はしんにょうを付けず,「尊」と区別しない事を提案していた。
 「遵」の俗字には,他に山西省で「尊」を「中」と書き換える例がある。
 写真は工場の建屋に書かれた注意書き。「遵章守紀」は‘規定を守れ’という意味。
  撮影:2001年12月,福建省福州市馬尾区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
9
050689.jpg  「選」の交換略字。旁の上部の「己己」を「ツ」に書き換えている。同様の交換は「撰」「饌」においても見られる。
 写真は「味選市場」という炉端焼き店の案内。

  撮影:2000年3月,東京都新宿区
Unicode:未収録
文字鏡:050689
隹 4
068258v.jpg  「雙」の中古字の交換略字。部首の「隹」が先に「ク」を書く字体になっている。本来は左の『今昔文字鏡』@068258のように二つ並べて,下に「又」を書くが,左側の部品を「冫」に書き換えている。Unicodeには3560に上側が「准」の字体が収録されている。
 写真は,順徳名物の牛乳プリンの一種「大良雙皮奶」で有名な老舗の看板の一部。
  撮影:2007年3月,広東省仏山市順徳区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
雨 6
076052v.jpg  「靈」の交換略字。部首の「雨」の下の部品が「ヨ」と「大」を組み合わせた部品に入れ替わっている。「ヨ」と「火」を組み合わせた部品にする例は比較的一般的でUnicodeも290CFに割り当てたが、その姿形書換字と見ることもできる。簡体字は「灵」の部分だけを採用している。
 写真は,個人の墓石の一部で,「霊位」と読める。「位」の「立」も常用漢字と異なる字体となっている。
  撮影:2013年5月,北海道奥尻郡奥尻町
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
金 13
055846.jpg  「鑠」の交換略字。旁の「樂」にある左右の「幺」を二点に略し,「楽」と作っている。
 写真は,城山公園にある七井淺次郎頌徳碑の一部。矍鑠(かくしゃく)と読める。昭和3年(1928年)に建てられたもの。

  撮影:2010年4月,栃木県芳賀郡茂木町
Unicode:未収録
文字鏡:055846
食 7
084541.jpg  「餠」の交換略字。偏が書き換えられている他,旁も書き換えられている。この例では,常用漢字の「餅」よりも「丶」の分だけ1画多い。
 写真は,石清水八幡宮の門前にある和菓子店の看板。「赱井餅」というのは,餡入りの羽二重餅の様な商品。
  撮影:2000年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:084541
食 9
054739v.jpg  「饌」の交換略字。これも偏が書き換えられている他,旁の上部の「己己」を「ツ」に書き換えている。同様の交換は「撰」「選」においても見られる。
 写真は,曲水の宴で有名な城南宮の境内に出された案内板。「撤饌授与所」と書かれている。「撤饌(てっせん)」は供物を撤収したお下がりという意味。
 左の『今昔文字鏡』@054739は偏のみを書き換えた字体。
  撮影:2003年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
魚 7
052791v.jpg  「鰹」の交換略字。旁の中の「臣」が「」に代えられている。
 「堅」の簡体字は「」で,これを旁にしている。
 写真は鰹節店の看板。
 左の『今昔文字鏡』@052791は簡体字。「魚」の字体が異なる。
  撮影:2001年10月,愛知県名古屋市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
鳥 4
046698.jpg  「鷄」の交換略字。旁を「ヌ」と略す例もあるが,この例では「文」と作っている。香港でも用例が見られる。
  左側の旁を「文」と作る交換略字には,他に「難」、「歡」などがあるが,いずれも簡体字では「ヌ」に変わっている。
 「〜眼」は‘魚の目’。ちなみに‘鳥目’は広東語で「鷄盲」という。チャイナタウンにあった中医の看板で,「先祖伝来の秘方」で治してくれるらしい。
  撮影:1999年2月,マレーシア・クアラルンプール市
Unicode:9CFC
文字鏡:046698
鹿 7
047656v.jpg  「麑」の交換略字。下の「兒」を「児」に置き換えている。同様の置き換えの例は「猊」などにも見られる。
 「麑」はゲイと読み、鹿児島の古称である「麑島」の略称。写真はザビエル公園にある門に刻まれた字の一部。「フランシスコ・ザビエ聖師滞麑記念」とある。1949年に建てられたもの。
 左の『今昔文字鏡』@047656は繁体字で、Shift-JISにも収録されている。
   撮影:2006年8月,鹿児島県鹿児島市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
齒 0
048583v.jpg  「歯」と同様,「齒」の交換略字。「凵」の中を「メ」と略している。中国の簡体字は「」で,画数が同じで,全体的に似ているが,こちらは「齒」の中にある「人」の一つを残したものと考えられる。
 写真は歯科医院の看板。

  撮影:2000年12月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「簡体字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of