交 換 略 字(1)
2010年4月10日更新

 正しいとされる字体の一部を別の部品に置き換えて,書きやすくした字を指します。よって通常俗字とされます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

一 5
073397v.jpg  「煕」の姿形書換字「」の交換略字。「巳」を「己」に書き換えた姿形書換字は少なくないが,さらに「」を「」に,「」を「一」に置き換えているため,別の字の様な印象を受ける。写っていないが,下に彫られた「鎮江市革命委員会立」の「鎮」という字が文化大革命後の『第二次漢字簡化方案』にある字体で,この時代の俗字と思われるが,表外字である。
 写真は北固山甘露寺にある宋代鉄塔の説明。1069年という西暦から,「宋煕寧二年」と書かれているのが確認できる。これは王安石の変法が行われた年でもある。
  撮影:2002年3月,江蘇省鎮江市京口区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
一 8
050292v.jpg  「発」と同様の「發」の交換略字。「発」の「癶」が「業」の上の様な字形になっている。
 写真は「大阪讀賣新聞社発祥之地」の碑。「讀賣」には,新聞のロゴと同じく減画略字が使われていた。

  撮影:2001年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
乙 6

044000v.jpg  「飛」の交換略字。下側の「升」との部分を(一見「云」に見えるが)「去」に換えている。1930年代の香港の新聞に連載された黄飛鴻の小説の題字やシンガポールの簡体字案にこの字体が見られた。
 写真は市場の青果商の値札。「〜機山竹」とあるが,「飛機」(飛行機)で運ばれてきた‘マンゴスチン’の意味。2ポンドで15香港ドル。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区東区箕灣
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
二 8

034380v.jpg  「製」の交換略字。下側の「衣」を「二」に換えている。
 写真は金山郷にある薬店の看板の一部。「大正製薬」と読める。後ろに続く商品名「リポビタン」が片仮名で書かれているのは,日本製品であることをアピールするためか。

  撮影:2004年5月,台湾台北県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
人 4
050101.jpg  「價」の交換略字。旁の「賈」を「云」に換えている。日本では,「貝」を取って「価」という減画略字(韓国でも用例あり)にするが,中国の簡体字では「介」に換えて「价」と書くのが正しく,写真の字は他に隣の孝感市でしか見たことがない。
 写真は洋服店の前の張り紙。‘男女カジュアル 大バーゲン’を意味する「男女休閑装 大減伝」と書かれている。
 なお,「伝」という字体は中国の『白虎通』という書に「魂猶〜〜」という用例が見えるが,意味も読みも不明。また,古壮字ではvunzと読み‘人’を表す。
 『今昔文字鏡』@050101及びUnicodeは「傳」の交換略字。
  撮影:2000年9月,湖北省武漢市
Unicode:4F1D
文字鏡:050101
人 4
058089.jpg  「信」の交換略字。「言」の部分を「文」と書き換えている。文化大革命後の『第二次漢字簡化方案』にも入っていたが,現在は規範外の俗字となっている。
 写真は住宅の入り口に掛けられた郵便受けの文字。「信箱」が郵便箱や私書箱を意味する。
 なお,『今昔文字鏡』には,字体は収録されているが,「信」の俗字としての説明はない。
  撮影:2000年1月,上海市盧湾区
Unicode:未収録
文字鏡:058089
人 8
084539.jpg  「健」の交換略字。「聿」の部分を「占」と書き換えている。文化大革命後の『第二次漢字簡化方案』では「建」を「」と書き換えていたが,その類推か。
 写真はホテルの中にある「〜身房」(スポーツジム)の宣伝。近所の家屋の壁に書かれていた。
  撮影:1999年8月,上海市盧湾区
Unicode:未収録
文字鏡:084539
儿 5

001364v.jpg   「兒」の交換略字。『干禄字書』は俗字としている。「臼」の左上にある最初の3画を縦線2本に書き換えている。このため,「ヨ」の最後の横線は縦線2本の下までつながっている。常用漢字の「児」は,「臼」のこの字体を「旧」と誤認したもの。
 写真は,京都市内にある内科と小児科の開業医の広告。日本だけでなく,香港でも古い映画の字幕などに用例が見られる。
  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
八 7
066416v.jpg  「與」の交換略字。上記の「兒」同様,左上部分が縦線2本に替わっているが,右上部分は「未」の様に替わっている。
 写真は,寺山神社の狛犬の台座に彫られた寄進者のひとりの名前。田中與一と読める。
 左の『今昔文字鏡』@066416は1画少ない字体。

  撮影:2003年1月,大分県玖珠郡玖珠町
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
八 11
084425.jpg  「興」の交換略字。上記の「兒」同様,左上部分が縦線2本に替わっている。この略し方は「學」「覺」「與」「輿」「譽」などにも共通してみられ,日本においても同様の略し方が行われているが,必ず左上部分だけが略され,右上部分が略された例は見たことがない。

  撮影:1999年5月,香港特別行政区東区・炮台山
Unicode:未収録
文字鏡:084425
冂 2
001513v.jpg  「圓」の交換略字で,「円」の同字。「員」が短い「一」に書き換えられ,「囗」の下の線が上にずれている。
 写真は興福寺境内にある南円堂前の井戸。脇に寛政9年(1797年)井戸井筒芸という字が彫られている。
 左の『今昔文字鏡』@001508は「ボウ」と読む別字。横線のつながり具合が異なる。
  撮影:2000年11月,奈良県奈良市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
几 2
076108v.jpg  「風」の交換略字。内側の部品が「厶」となり,上に突き出ている。左の『今昔文字鏡』@076108は上に突き出ていない例。「風」の部首は「風」だが,ここでは「几」とした。
 写真は薬店の前に置かれていた広告。男性機能を長持ちさせる薬らしく,「風火油」と読める。
  撮影:2009年6月,広東省江門市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
力 5
079354.jpg  「量」の交換略字。部首の「里」(li3)が「力」(li4)に書き換えられているが,「量」(liang4)という読みとは無関係。文化大革命後の『第二次漢字簡化方案』にも入っていたが,現在は規範外の俗字となっている。
 写真は市場付近にある臓物や氷の卸問屋の案内。「大量批發」で‘大量卸売り’を意味する。「冰磚」‘氷のブロック’という字も見える。
  撮影:2000年11月,重慶市渝中区
Unicode:未収録
文字鏡:079354
力 6
002349v.jpg  「勁」の交換略字。旁が「王」と「ソ」を組み合わせた様な部品に書き換えられている。同様の例は「輕」などにも見られる。
 写真はビルの中にあるボディービルジムの屋号の一部。下に縦書きで「健美中心」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@051383は簡体字。
  撮影:2004年5月,香港特別行政区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
力 8
050735.jpg  「勢」の交換略字。左上の「」が「生」に書き換えられている。この字は日本の姓にも用例が見られ,JIS第4水準とUnicode 3.0に収録された。
 写真は石田神社内にある,「伊勢両太神宮神武天皇遙拝所」の石碑。脇に明治23年との表示がある。

  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:351F
文字鏡:050735
十 6

002761v.jpg  「博」の基本字「」の交換略字。旁が「專」の簡体字「」に似ているが「丶」が打たれたものに代えられている。
 写真は水道のマンホールの蓋。博市自来水公司と書かれている。
  撮影:2002年7月,山東省博市張店区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
十 6

050949.jpg  「協」の交換略字。中国ではこの用例を見たことがなく,中国で最大の収録字数をもつ字書『中華字海』にも記載されていない。中国の簡体字は「」である。
 「品」の様に,同じ部品が三つ重なった時に,下側の2つを4つの点で代用する例には,他に「塁」、「渋」、「摂」、「軣」、「疂」などがあり,「品」、「晶」「森」、「桑」、「脇」などにも見られる。
  撮影:1999年6月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:050949
十 6

050949v.jpg  これも「協」の交換略字。上記の例の様に,同じ部品が三つ重なった時に,下側の2つを4つの点で代用するのではなく,下側の左側の部品を2つの点で代用している珍しい例。
 写真は青森県バス協会による観光地図掲示の一部。

  撮影:2009年6月,青森県三沢市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
又 6

079376.jpg  ‘靴’を意味する「鞋」の交換略字。「革」を「又」と略している。文化大革命後に試用された『第二次漢字簡化方案』にあり,廃止された字だが,今でも俗字として使われている。
 写真は靴屋の前に出された,革靴のオーダーメードを受け付けるという案内。

  撮影:2001年6月,江西省安福県
Unicode:未収録
文字鏡:079376
土 4

051279v.jpg  「堅」の交換略字。「臣」を「丶丶」に書き換えている。
 写真は駐車場の入り口の注意書き。「通り抜けは堅くお断りします」と書かれている。左に示した『今昔文字鏡』@051279は中国の簡体字だが,これとは同字関係にある。諸橋『大漢和辭典』には「」という字形が載っているが,これも同字の関係にある交換略字。
  撮影:2000年5月,京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
土 4
083488.jpg  「場」の姿形書換字である「塲」の交換略字。「傷」の簡体字からの類推か,旁の「昜」を「力」に書き換えている。正しい簡体字は「」であり,これは俗字。この字はUnicode 3.0で追加収録されている。
 写真は駐車場を示す表示。地名の後に「機動車停車塲」と書かれている。
  撮影:2000年5月,福建省福州市馬尾区
Unicode:362F
文字鏡:083488
口 9
004311v2.jpg  「器」の姿形書換字「噐」の交換略字。上にある,「口」二つを「ツ」の様に書き換えている。
 写真は木曽漆器の街平沢にある漆器店の看板。奈良井の漆器店を含め,結構多くの用例を目にした。
 左の『今昔文字鏡』@004311は姿形書換字。

  撮影:2001年8月,長野県木曽郡楢川村
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
囗 1
067534.jpg  「圓」の交換略字で,「円」の同字。「員」を「|」に書き換えている。中国では用例を見たことがなく,『中華字海』にも記載がないので,「円」と同様に日本独特の略字と考えられる。『同文通考』、『倭楷正訛』などにも収録されており,19世紀には広く使われていたが,後に「円」という字体が定着した。
 写真は寿司屋の店頭にある案内。「にぎり一ヶ一〇〇〜より」と書かれている。
  撮影:1999年9月,大阪府豊中市
Unicode:未収録
文字鏡:067534
宀 8
007223.jpg  「寧」の交換略字。「心」を「T」に換え,「四」と「丁」を一体化している。比較的よく見かける字体であり,諸橋『大漢和辭典』にも収録されているため,Unicode 3.1で追加収録された。
 左の写真は公園に置かれた飾り灯籠に付けられた字。

  撮影:2000年9月,浙江省海寧市
Unicode:21A34
文字鏡:007223
尸 5
071792.jpg  「属」と同じく,「屬」の交換略字。「尸」の内側を「示」と略している俗字。
 『中華字海』にも未収録だが,他に手紙で用例を見たことがある。
 写真は,スクラップをリサイクルしている会社の社名表示。「武漢市金〜回収公司」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@071792は漢字の部品として登録されているもの。
  撮影:2000年9月,湖北省武漢市
Unicode:未収録
文字鏡:071792
尸 6
007821v2.jpg  これも「屬」の交換略字。「尸」の中の部品を「禹」ではなく「虫」に書き換えている。「尸」の左上が開いているのは中古字の字体を引き継いでいる。
 写真は,ボタンなど,衣服の付属品を扱う店の看板の一部。「附属の店」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@007821は『康煕字典』に見られる字体。
  撮影:2006年6月,福岡県北九州市戸畑区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
山 3
050730.jpg  「出」の本字「」の交換略字。下側の「山」を繰り返しを表す「々」に書き換えている。この字はUnicode 3.0に追加収録された。
 写真は,出世観音堂に懸けられている扁額。「出世觀世音」と書かれている。

  撮影:2002年2月,茨城県水戸市
Unicode:37AE
文字鏡:050730
广 9

009440v.jpg  ‘埋葬する’という意味で「エイ」と読む「」の減画略字「」の交換略字。「夾」が「」の様に書き換えられている。
 写真は,神崎寺境内にある「遅月上人分骨蔵碑」の一部。立原翠軒の書で,遅月上人が亡くなった1812年ごろのものと思われる。
 左の『今昔文字鏡』@009440は減画略字。
  撮影:2002年2月,茨城県水戸市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
广 20

009562v2.jpg  「廳」の交換略字。「广」の内側の「聽」の左側が「敢」の左側の様に略されて,「」となっている。
 写真は「跳舞廳」‘ダンスホール’の看板。

 左の『今昔文字鏡』@009562は,標準的な字形。
  撮影:2000年5月,香港特別行政区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
廴 5
084538.jpg  「建」の交換略字。「聿」の部分を「占」と書き換えている。文化大革命時代の『第二次漢字簡化方案』の字「」とは部首が違うが,同じ書き換え方法を行っている。
 写真は「建福托儿所」という住宅地の中にある託児所の表示。正面側にも同様の字が書かれていた。

  撮影:2000年3月,上海市盧湾区
Unicode:未収録
文字鏡:084538
彡 4

009970.jpg  「影」の交換略字。「景」を「井」と略している。文化大革命後に試用された『第二次漢字簡化方案』にあり,廃止された字だが,今でもまだ俗字として使われている。
 写真は映画館の表示で,行書だが「電影院」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@009970は,『大漢和辭典』に「形」の姿形書換字として収録されている字。
  撮影:2001年6月,江西省吉安市
Unicode:22488
文字鏡:009970
心 8
050180v.jpg  「慈」の交換略字。右の「幺」を「卜」に換えている。類似の例は「磁」などにも見られる。
 写真は慈祐宮の額だが,使用中のものではなく,前に使われていたと思われる物が建物の中に置かれていた。
  左の『今昔文字鏡』@050180は常用漢字の字体。台湾の常用字は草冠の形が違う。

  撮影:2002年5月,台湾・台北市松山区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
手 9
054186v.jpg  「撰」の交換略字。旁の上部の「己己」を「ツ」に書き換えている。同様の交換は「選」「饌」においても見られる。
 写真は三宮にある呉服店の提灯看板。「特撰きもの」と書かれている。
 他に,奈良市にこの字を使った「花〜団子」(はなよりだんご)という菓子がある。
  撮影:2000年8月,兵庫県神戸市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
日 4
014000v.jpg  「晶」の交換略字。行書だが,三つ重なった「日」の二つを「」に置き換えている。同様の例には,「塁」、「渋」、「摂」、「軣」などがあり,「協」「森」などにも見られる。
 写真は,府立中之島図書館の北にある水晶橋に刻まれた銘。
 左の『今昔文字鏡』@014000は常用漢字の字体。
  撮影:2001年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
日 5
050694.jpg  「曜」の交換略字。旁を「玉」に置き換えている。この字は,店の営業日やごみの収集日を示した案内などに頻繁に見られるが,2000年1月に規格化されたJIS第3水準・第4水準漢字にも採録されていない。
 写真は銭湯入り口に出された営業日の案内。『今昔文字鏡』の字形とは「玉」の「丶」の方向が異なっている。
  撮影:2000年2月,大阪市西成区
Unicode:未収録
文字鏡:050694
木 4
050816.jpg  「森」の交換略字。前掲の「晶」の例と同じく,三つ重なった「木」の二つを「」に置き換えている。同様の例には,「塁」、「渋」、「摂」、「軣」などがあり,「協」などにも見られる。森鴎外の自署にもこの字を使っている例がある。
 写真は正福寺境内にある塑像の台座部分。寄進者の住所として「森岡村」と彫られている。1931年に作られた物。
  撮影:2002年7月,鳥取県境港市
Unicode:未収録
文字鏡:050816
木 4
222527.jpg  これも「森」の交換略字。中国の簡体字に見られる例の様に,三つ重なった部品,この場合は「木」の二つを「双」に置き換えた俗字。同様の例には,簡体字の「聂」、「轰」や,「矗」の俗字などがある。
 写真は飲食店の看板。Sambaの音訳「森巴」の表記に使っている。
  撮影:2009年5月,台湾・台北市
Unicode:233EA
文字鏡:222527
木 4
054580.jpg  「櫨」の交換略字。「盧」を「戸」と書き換えている。この字はJIS第二水準に収録されているが,フォントによっては「戸」の字形が異なる。同様の例として「炉」がある。
 写真は阪神電鉄香櫨園駅ホームの駅名表示。この駅の表示は「櫨」に統一されたが,撮影当時には「戸」の字形違いの交換略字も使われていた。
  撮影:2000年5月,兵庫県芦屋市
Unicode:67A6
文字鏡:054580
木 4
055279-2.jpg  これも上記と同じ「櫨」の交換略字。「盧」を「戸」と書き換えているが、「一」と「尸」の組み合わせとなっている。
 上の音読みの例と異なり、「はぜ」の別名「はし」で訓読みをしている。日本の姓にも「枦田」があり、「櫨田」と書く姓もある。
 この字はUnicodeにも収録されているが、上記の字体と区別はされていない。
  撮影:2006年8月,鹿児島県霧島市
Unicode:67A6
文字鏡:055279
木 4
050696v.jpg  「機」の交換略字。旁の「幾」を「キ丶」に似た部品に置き換えている。
 写真は,道路脇に付けられた地域の案内地図の一部。この企業がある地区は,以前「大」と書いて「おおばけ」と呼ばれていたが,現在この小字地名は使用されていない。
 左の『今昔文字鏡』@050696は,類似しているが,カタカナの「キ」を使った音符書換字。
  撮影:2000年7月,埼玉県川越市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 4
014435v.jpg  これも「機」の交換略字。旁の「幾」を「ソ」と「几」を組み合わせた部品に置き換えている。簡体字では「几」だけに換えて,「机」と書くが,その場合は音が「ji」で合うのに対し,この字の部品では,音が明確ではない。
 写真は,機械設備を売る商店の案内板。「空圧機」と書かれており,コンプレッサを意味する。
 左の『今昔文字鏡』@014435は,「つくえ」として収録されている字。
  撮影:2004年12月,湖北省武漢市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 5
050696v2.jpg  これも「機」の交換略字。旁の「幾」を「浅」の旁に似ているが1画少ない部品に置き換えている。
 写真は,燃料と住宅設備機器の販売店の表示。
 左の『今昔文字鏡』@050696は,類似しているが,カタカナの「キ」を使った音符書換字。

  撮影:2002年8月,京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 5
050231v.jpg  「樣」の交換略字。旁を「爾」の交換略字としてよく使われている「」に置き換えている。
 写真は,食料品店の駐車場に出された表示。「お客様駐車場」と書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@050231は,常用漢字。

  撮影:2003年3月,鹿児島県西之表市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 6
066436v.jpg  「桑」の交換略字。前掲の「森」の例などと同じく,三つ重なった部品である「又」の二つを「」に置き換えている。
 写真は安国山聖福寺の前に建てられた石柱の一部。栄西が1204年に創った臨済宗の寺であり,後鳥羽上皇が「扶桑最初禪窟」との宸翰を送ったと言われる。寺にはもう一つ古い石柱があり,同じ字体が彫られているため,後鳥羽上皇がこの字体を用いたものと思われる。「扶桑」は日本を意味する。
 左の『今昔文字鏡』@066436は,上を「メ」と作っているが,「又」を見誤ったものかも知れない。
  撮影:2008年5月,福岡県福岡市博多区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 7
083647.jpg  国字「樫(かし)」の交換略字。旁の中の「臣」が「」に代えられている。
 「堅」の簡体字は「」で,これを旁にしている。中国でも日本語「樫鳥(かけす)」の表記に類推簡化字としてこの字が使われ,Unicode 3.0に収録された。
 写真は県道脇の立て看板。「西樫尾(にしかしお)」という地名の表記に使われている。
 左の『今昔文字鏡』@083647は,「リ」と作っており,厳密には異なる。
  撮影:2001年9月,福井県今立郡今立町(現越前市)
Unicode:3B74
文字鏡:083647
木 8
015561v3.jpg  「機」の交換略字。旁の「幺幺丶」の部分が「ツ」に似た部品に代えられている。
 写真は会社の窓に貼られた搬送機会社の社名表示の一部。
 左の『今昔文字鏡』@015561は常用漢字の字体。

  撮影:2002年2月,東京都中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
木 9
067074.jpg  これも「機」の交換略字。二つある「幺」を四つの点に置き換えている。同様の例として「樂」があるが,「摂」や「渋」などの,同じ部品が三つある内の二つを置き換えている例も想起させる。
 写真は大阪市営地下鉄本町駅の送風機配電室のドアに書かれた表示。
 『今昔文字鏡』は,大阪にある会社の社名を典拠に収録している。
  撮影:2000年2月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:067074

写真字典のインデックスに戻る   「交換略字(2)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2010. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of