名称文字
2013年4月21日更新

 地名や人名など,固有名詞にのみ用いられる字です。河川、村、国名、姓、人名などに多く例が見られます。
 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:吓()

人 2

000357.jpg  姓に使われる名称文字。中国語で「zhang3」,日本語で「ショウ」と読む。
 中国の基本漢字コードであった『GB2312』に含まれているが,この姓を含む地名は山東省に集中しており,他の地区ではかなり希な姓といえる。そのためか,「几」という旁からは想像できないような読みとなっている。
 写真は,「家荘」という地名を示す石碑。
  撮影:2002年7月,山東省寿光市
Unicode:4EC9
文字鏡:000357
土 10
土扇
fang0016.jpg  地名に使われる名称文字。「横〜」は江蘇省蘇州市呉江市にある地名。地図も「横扇」と記しているものが多く,読みは「扇」と同じと推測できるが,意味は不明。この字は中国の各種地名録に出ているにも関わらず、いまだGB規格にも未収録である。
 写真は,バスターミナルの待合室に掲げられた行き先案内板。
  撮影:2001年11月,江蘇省蘇州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 3

053493.jpg  江蘇省宜興市と武進市の間にある「〜湖」という湖の名に使われる名称文字。中国語で「ge2」、日本語で「カク」と読む。
 武進市内に「〜湖」と「太湖」を繋ぐ「太〜河」という川がある。また,同じ「太〜河」という名で,宜興市街の「団」と「東」という池を繋いで,太湖に注ぐ川がある。
 写真は,宜興市街の「太〜河」沿いの通りの表示。すぐそばに「太〜橋」という橋もある。
  撮影:2001年6月,江蘇省宜興市
Unicode:6EC6
文字鏡:053493
水 8

083691.jpg  中国語で「nai4」、日本語で「ダイ」と読む名称文字。Unicode 3.0で追加され,中国でもGB18030に規定されている。
 世界自然遺産の泰山の前から泰安の市街を流れる河を河といい,これに沿って河西路と河東路という道路がある。
 写真は,河西路の案内板。
   撮影:2004年9月,山東省泰安市
Unicode:3D0E
文字鏡:083691
玉 12
王魯
meisho02.jpg  中国語で「lu3」と読む地名用字の簡体字。中国では,子供に命名する時に,金持ちになるようにと金偏や玉偏を付けた字を使う事が多いが,同様の考え方に基づく造字か。各種コードに収録されていないため,「魯」の簡体字で代用されている事が多い。
 写真は金物店の入り口にペンキで書かれた店名の一部。
  撮影:2003年11月,上海市崇明県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
石 6
052111.jpg  「qiao2」と読む地名用字「」の簡体字。武漢市には口区という行政単位があり,この字は『簡化字總表』にも収録されているが,中国の漢字コード『GB2312』には収録漏れとなっていて,50万以上の人が自分の住所をパソコンで打てなかった。Unicode及び『GB2312』を補完する「GBK」拡張コードに収録されたため,現在は使えるアプリケーション・ソフトが増えている。
  撮影:1999年6月,湖北省武漢市口区
Unicode:785A
文字鏡:052111
石 8
石肯
fang0015.jpg  地名に使われる名称文字。「石〜」は広東省南海市にある地名。地図の類以外に,この字を載せている書が見あたらず,意味も読みも不明。
 写真は,バス停の行き先案内。「開往…」は‘…行き’の意。ここも電話番号の落書きが多い。

  撮影:2001年11月,広東省佛山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
石 12

mesho001.jpg  これも地名に使われる名称文字。福建省福州市馬尾区に「上〜」と「下〜」があり,標準音の中国語で「de2」と読まれている。『福州地名』によると,徳山という地からこの地に移住した葉という名の一族が採石を業としたため,村の名前を付ける際に「徳」と「石」を使って合字を作ったものとの事。
 写真は,福馬路沿いに建てられた地名表示の石碑。1997年8月の文字が見える。
   撮影:2000年5月,福建省福州市馬尾区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
邑 3

039279.jpg  中国語で「han2」、日本語で「カン」と読む名称文字。中国の基本漢字コードであった『GB2312』にも含まれている字だが,揚州に行かないと見つけるのは難しい。揚州には「江」という川があり,かつては「水」と呼ばれた。また,「縣」という行政地域があったが,今は「揚州市江区」となっている。
 写真は,揚州市内南西部の幹線道路名を示す表示板。
   撮影:2004年6月,江蘇省揚州市江区
Unicode:9097
文字鏡:039279
邑 6

039366.jpg  中国語で「zhu1」、日本語で「シュ」と読む名称文字。周代の小国名とその地を由来とする姓に使われ,中国の基本漢字コードであった『GB2312』にも含まれている。しかし,町でこの字が書かれている例は,現地名である鄒城でも見つけるのに苦労する状況で,他の土地ではなおさらであろう。
 写真は,京滬線鄒城駅前にある通りの名前を記した案内板。駅前のホテルの名前にも使われている例が見られた。なお,この町には孟子を祀る孟廟がある。
   撮影:2004年9月,山東省鄒城市
Unicode:90BE
文字鏡:039366

写真字典のインデックスに戻る   「神字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2013. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of