姿形書換字 (4)
2013年4月23日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を,形が似ている部品に書き換えた字を指します。俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

水 2

073491.jpg  「永」の姿形書換字。2画目が2つに分かれて,1画多くなっている。
 写真は「永谷」という不動産会社事務所の看板。

  撮影:2000年7月,東京都新宿区
Unicode:未収録
文字鏡:073491
水 3
084493.jpg  「江」の姿形書換字。旁の「工」の2画目が2度折れ曲がっている。「工」の字単独では同様の書き方をよく目にするが,部品としても使われているという事がこの例から分かる。
 写真は「江戸川」という名の和食店の案内看板。

  撮影:1999年12月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:084493
水 5

017291.jpg  「法」の姿形書換字。旁の「去」を「大」と「ム」の組み合わせに書き換えている。
 写真は清水巖という道観の入り口に彫られた文字。「分」も姿形書換字。
 他に京都市の法衣専門店の店名などにも用例がみられる。
  撮影:2000年5月,台湾・台北市萬華区
Unicode:3CD2
文字鏡:017291
水 6
084494.jpg  「淀」の姿形書換字。旁の「疋」の部分が「之」に書き換えられている。
 写真は1930年にできた旧京阪国道の御幸橋(ごこうばし)の欄干。「淀川」と書かれているが,今の合流地点よりも上流で,実態は宇治川に近い。御幸橋は木津川にかかる部分との2つから構成されている。
  撮影:2000年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:084494
水 7
057812v3.jpg  「酒」の姿形書換字。旁の「酉」の中心部の「儿」に「凵」と代わっている。「凵」の下の「一」が左右に突き出ている異体字は非常に多く使われているが,この字体は希である。
 写真は酒店の看板。
 左の『今昔文字鏡』@057812は常用漢字の字体。
  撮影:2010年3月,茨城県ひたちなか市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 8
057812v2.jpg  これも「酒」の姿形書換字。旁の「酉」の中心部が「上」の上に縦棒を加えた様な形となっている。この部分の筆順は縦縦横横なのだろうか。
 写真は居酒屋の赤提灯。他の店でもこの字を見ることがある。また,「」にも同様の部品が使われている例がある。
 左の『今昔文字鏡』@057812は常用漢字の字体。
  撮影:2001年4月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 8
084497.jpg  「淨」の姿形書換字。旁の「爪」の部分が「日」に書き換えられている。同様の書き換えは「靜」などにも見られる。
 写真は浄土宗の光照寺という寺の前に建つ石碑の一部。「土」も意符書換字となっている。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:084497
水 10

054847.jpg  「漁」の姿形書換字。旁の「魚」の下部が「大」に書き換えられている。
 写真は,干拓で姿を消した巨椋池(おぐらいけ)で行われていた漁を記念する「大池漁業記念碑」。大池神社の中に建てられている。
 なお,大池神社があるのは,難読地名として有名な「東一口」(ひがしいもあらい)という場所。
  撮影:2000年1月,京都府久世郡久御山町
Unicode:未収録
文字鏡:054847
水 10
018099v2.jpg  「滿」の姿形書換字。旁の上部の「廿」が「前」の上部の様に書き換えられて,1画少なくなっている。
 写真は,天満橋のたもとの南天満公園内にある橋名飾板。現存の橋のものではなく,明治21年にドイツから輸入された鉄橋の橋門に付けられていたもの。「橋」の字形が隣の天神橋のものと同じなので,同時期のものと思われる。
 左の『今昔文字鏡』@018099は標準的な字体。
  撮影:2000年2月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 11
018059v.jpg  ‘低湿地’を意味し,広東省の地名に多用される「」の姿形書換字。旁の「工」が「牛」に変わり,1画多い。
 写真は,ガス器具店の屋号を表示した看板。「茶〜」が地名で,ほとんどが」を使用しているが,他に音符書換字「も使われていた。
 左の『今昔文字鏡』@018059は標準的な字体。
  撮影:2000年9月,広東省広州市芳村区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 12
084499v.jpg  これも「滿」の姿形書換字。大阪天満宮の入り口にある碑の写真。旁は「艸」と「雨」の組み合わせに見える。
 左の『今昔文字鏡』@084499は「雨」の字体が違う同字。

  撮影:1999年4月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
水 13
084503.jpg  「潮」の姿形書換字。「日」の上下にある「十」の部分が突き出ていない。『朝日新聞』の題字もこうなっているが,韓国では「韓」の字で同様の例をよく目にする。この字では「舟」を書き換えた「月」も1画多い。
 写真は韓国で現存する最古の仏教寺院と言われる「傳燈寺」の本殿の前に建つ「對潮樓」という建物。現在は記念品や書籍の売場となっている。
 「樓」の字も姿形書換字。
  撮影:1999年12月,韓国・京畿道江華郡
Unicode:未収録
文字鏡:084503
火 3
084504.jpg  「谷」の姿形書換字。「火」と「口」の組み合わせに作られている。もちろん,字の成り立ちからすると,「火」とは無関係。
 写真は橋に付けられていた地名表示で,「いせこたに」という読みが付けられていた。
 同様の書き換えは,「容」「浴」、「裕」などの字でも見られる。

  撮影:1999年7月,奈良県生駒郡平群町
Unicode:未収録
文字鏡:084504
火 3
073601.jpg  「灸」の姿形書換字。音符である「久」が「夂」に書き換えられている。訛字だが,同様の例が,国字の「粂」においても見られる。
 写真は鍼灸の団体事務所の表示。個別の鍼灸院でも用例は少なくない。
 左の『今昔文字鏡』@073601は「炙」の姿形書換字として収録されている。
  撮影:2001年7月,大阪市北区
Unicode:未収録
文字鏡:073601
火 5
079569.jpg  「煙」の音符書換字である「烟」の姿形書換字。旁に使われている「因」はと作られる事があり,「恩」など,同じ部品を持つ字に共通して使われている。
 写真は,燃料倉庫の扉に書かれた「厳禁烟火」‘火気厳禁’の字。
  撮影:2000年5月,北京市
Unicode:未収録
文字鏡:079569
火 8
084506.jpg  「無」の姿形書換字。南普陀寺境内にあった碑柱の写真だが,上部の「」が「ク」に変わっている。香港などでも,筆書の際によく見られる。また,真ん中の横線の長さが異なる例もある。

  撮影:1999年6月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:084506
火 8
084507.jpg  「無」の姿形書換字。こちらは上部の「」が「亠」に変わっている。この様な書き換えは,「毎」「海」、「梅」、「攵」、「復」、「臨」「舞」などに共通している。
 写真は,マレーシアのイポーにある菓子メーカー製の無花果(いちじく)のど飴の袋。
  撮影:1999年8月
Unicode:未収録
文字鏡:084507
火 9
084509.jpg  「照」の姿形書換字。「刀」を写真の様に「ク」に近い形に作る例は,中国でも「召」、「招」などの字でよく見られる。他に「刀」を「ソ」の様に書く姿形書換字もある。
 写真は,厦門の観光地鼓浪嶼の日光岩寺に出ていた,パソコンで画像をプリントアウトする写真屋。
  撮影:1999年7月,福建省厦門市
Unicode:未収録
文字鏡:084509
火 9
084509v.jpg  これも「照」の姿形書換字。上記の字の脚が「火」と作られている。
 写真は,真宗本願寺派の「善照寺」の名標。

  撮影:2001年1月,京都府八幡市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
火 16
019566v.jpg  「爐」の姿形書換字。道観の三元宮内の抱一草堂の入り口に掲げられた「爐烟成白鶴 松氣養丹砂」という対句の一部。「盧」「處」などと同様に,「虍」の部分が古字に基づく字体となっている。
 左の『今昔文字鏡』@084557は,旁の上部の長さが異なる字体。

  撮影:1999年6月,広東省広州市越秀区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
爪 5
026162v3.jpg  「管」の姿形書換字。次の字の例と同じく「竹」と「宀」が,「受」の上部の様な形に書き換えられている他,「」が「|」と「又」を並べた形に書かれている。同様の書き換えは,宋代の石碑にも例を見ることができ,「官」、「棺」、「館」などにも使われている。
 写真は,インターネットカフェに張られた求人広告。「网〜」‘ネットワーク管理者’を若干名募集などと書かれている。
 左の『今昔文字鏡』@058049は1画少ない字「受」。
  撮影:2000年9月,湖北省武漢市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
爪 7
026162v.jpg  「管」の姿形書換字。「竹」と「宀」が,「受」の上部の様な形に書き換えられている。この字は唐代の『遊石室新記』碑にも使われており,1936年発行の辞書『辭林』に収録されている。
 写真は,工事現場入り口に掲げられた管理強化を呼びかけるスローガンの一部。「理」の一部が消えているのは,板の傷によるもの。他に「土地管理局」の様な役所の看板などでも用例を目にする。
  撮影:2000年9月,湖北省武漢市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
牛 4
019959v.jpg  「物」の姿形書換字。旁の「勿」が,「ク」を二つ縦に並べた様な形に書き換えられている。
 写真は,宅配便の取り扱い店を示す看板の一部。岡山県貨物運送(株)と書かれている。「貨」は同字が使われている。
 左の『今昔文字鏡』@019959は常用漢字の字体。
  撮影:2003年2月,広島県竹原市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
犬 14
084559.jpg  「獻」の姿形書換字。「虍」が「両」に近い形に変えられているが,その下にあるべき「一」も略されている。
 蒲田神社の境内にあった石灯籠に彫られた字で,もう一つの石灯籠に彫られた「奉」の字と対になっていた。

 左の『今昔文字鏡』@084559は,旁の「一」が「鬲」の一部となっており,正しくない。
  撮影:1999年9月,東京都大田区
Unicode:未収録
文字鏡:084559
犬 16
020783v.jpg  これも「獻」の姿形書換字。「虍」が「雨」に近い形に変えられているが,その下にあるべき「一」も抜けている。
 生魂神社の境内にある浄瑠璃神社前の石灯籠に彫られた字で,竹本義太夫が道頓堀で人形浄瑠璃を初演してから250周年の1934年に奉納された時のもの。
 左の『今昔文字鏡』@084562は,左上を「雨」と作っており,正しくない。
  撮影:1999年7月,大阪市天王寺区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
玉 9

021143v.jpg  「瑠」の姿形書換字。「留」の上部を「ム」を並べた形に書き換えている。本字は「璢」。
 写真は先斗町のバーの看板。「がるぼ」と読む。「慕」の草冠も姿形書き換えとなっている。
 左の『今昔文字鏡』@021143は,常用される字体。

  撮影:2000年5月,京都市中京区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
玉 12

021328v.jpg  「瓊」の姿形書換字と思われる。旁は,「稲」の旁の下に「夊」と作っている。
 写真は小さな樽に入った金山寺味噌のパッケージを上から見たもの。和歌山県海草郡下津町の川善味噌株式会社の製品で,大きな2字で「たまみそ」と読ませている。「醤(みそ)」の字も「酉」が縦棒2本の「王」に換わった姿形書換字となっていて,『今昔文字鏡』などに未収録の字体。
 左の『今昔文字鏡』@021328は,常用字体。
  撮影:2002年9月
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
玉 15

021328v2.jpg  これも「瓊」の姿形書換字。旁の「目」の最後の1画が「L」字型に曲がっており,左に縦棒があるように見える。
 写真は俗に「瓊花觀」と呼ばれている道観内の建物「聚瓊軒」の扁額。「瓊花觀」は,本来「蕃釐觀」という名前であるが,ここに揚州の市花である「瓊花」が植えられているので,「瓊花觀」の方が通っている。「瓊花」はスイカズラ科の植物で,「木綉球」とも言うが,和名はない。
 左の『今昔文字鏡』@021328は,常用字体。
  撮影:2004年6月,江蘇省揚州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「姿形書換字(5)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2010. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of