姿形書換字 (5)
2012年8月27日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を,形が似ている部品に書き換えた字を指します。俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

瓜 0
021371v.jpg  「瓜」の姿形書換字。筆順が変わって,一見「辰」かと思う字体となっている。この筆順は「ノノレく」か。『漢語大字典』は『漢晉西陲木簡彙編』から取った同字体を載せている。
 写真は保安宮という道観の窓に彫られた,寄進の時期を示す字。「瓜月」は瓜がなる月という意味で,旧暦の七月を指す。
 左の『今昔文字鏡』@021371は標準的な字体。
  撮影:2001年5月,台湾・台北市大同区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
田 0
069879.jpg  「田」の姿形書換字。「十」が斜めに交叉する「乂」に代わっている。『今昔文字鏡』ではこれと同じ字体が水族文字の「田」として収録されているが,漢字としては未収録。また,『中華字海』は漢の『元初三公山碑』を出典に「四」の異体字としている。
 写真は「太田町成田山道」と彫られた道標の一部。
 左の『今昔文字鏡』@021723は標準的な字体。
  撮影:2010年3月,茨城県常陸太田市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
田 3

067192.jpg  「畫」の異体字の交換略字である「画」の姿形書換字。「凵」が変形し,全体に「虫」に似た字体となっている。歌川広重の浮世絵にも用例が見られるが,日本の映画関係者にもよく使われていた様で,映画専門書にもこの字を使っているものがある。
 写真は映画館の壁に書かれた名称表示。「劇」には交換略字が使われている。
  撮影:2005年11月,兵庫県姫路市
Unicode:未収録
文字鏡:067192
癶 8
066795.jpg  「發」の姿形書換字。「殳」が「矢」となっているが,本来は‘弓矢を放つ’という意味なので,こちらの方が正統とも言える。『宋元以来俗字譜』にも記載されている。
 写真は,麻雀荘の看板。「發」を「あお」と訓読させているのは,麻雀牌に使われている緑色からであろう。香港北角の春秧街のビルでも同じ字の用例がみられた。
  撮影:2000年7月,神奈川県川崎市川崎区
Unicode:未収録
文字鏡:066795
癶 8
084514.jpg  これも「發」の姿形書換字。「弓」が「方」に,「殳」が「攵」に書き換えられている。
 写真は韓国の江華歴史館内にある「世界金屬活字〜祥中興紀念碑」の部分。

  撮影:1999年12月,韓国・京畿道江華郡
Unicode:未収録
文字鏡:084514
皿 11
023036v.jpg  「盤」の姿形書換字。「殳」の部分が小篆に近い形の「々」と「又」の組み合わせになっている。類似した書き換えは「殿」や「設」の字でも見られる。
 写真はバンコク銀行の漢字のロゴ。バンコクに当てる漢字は「曼谷」が多いが、この例は「盤谷」となっている。
 左の『今昔文字鏡』@023036は基本字体。
  撮影:2012年8月,タイ王国・バンコク市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
矢 4
023937v.jpg  「侯」と同様の,「」の姿形書換字。上の「ク」が「刀」と書き換えられ,「厂」も分離している。
 写真は,公山城の入口に建つ『行判官閔〜致序清白善政碑』の一部。
 左の『今昔文字鏡』@023937は基本字体。

  撮影:2001年1月,韓国・忠清南道公州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
石 8
024290v.jpg  「碑」の姿形書換字。「卑」の上部の「ノ」が無いのが明代以前の中古字だが,この例では,下側を「廾」と作っている。同じ字が唐の張従申の「玄静先生碑」にも見られる。
 写真は,扶蘇山麓に建つ「三忠祠重建事蹟碑」。成忠、興首、階伯の三忠臣を祭る三忠祠を1981年に再建した時の説明が漢字ハングル交じり文で示されている。書は大韓民国芸術院の金忠顯氏による。
 左の『今昔文字鏡』@024290は中古字。
  撮影:2001年1月,韓国・忠清南道扶餘郡
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
示 4
066960v.jpg  「社」の意符書換字の姿形書換字。旁を「大」の下に「一」と作っている。古字の字体から出て来ない様な字体だが,左の『今昔文字鏡』@066960にある「土」に「丶」を打った意符書換字を行書で書くと,書き順は異なるが似た字体になり,これを楷書化したものと思われる。
 写真は,向日神社内にある勝山稲荷神社の鳥居の一部で,「奉造立稲荷社御寶前」と彫られている。天保9年(1838年)に建てられたもの。
  撮影:2004年1月,京都府向日市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
示 7
084513.jpg  「祥」の姿形書換字。
 旁の「羊」の部分が,璽文や金文の様な古い字体に書かれている。この様な書き換えは「鮮」の例と同様。
 写真はスーパー・マーケットの入り口に書かれていた春節の賀詞で「吉祥春福」と書かれている。

  撮影:1999年2月,マレーシア・ペラ州太平
Unicode:未収録
文字鏡:084513
示 10

024742v.jpg  「稟」の姿形書換字。部首だけを「示」に書き換えた「禀」はJIS第二水準にも収録されているが,この例では,「回」の内側を梯子の様に書き換えている。
 島の弁天さんとして知られる長建寺の前に建つ石碑の例。後ろ側に彫られていた。
 左の『今昔文字鏡』@024742は,JIS収録字体。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
示 10

024805v.jpg  「福」の姿形書換字。白石の海岸にある道教の廟の石版の写真。
 左記の『今昔文字鏡』@024805の古字の字体とは,偏の形が異なる。

  撮影:1999年6月,福建省厦門市思明区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
禾 4
024950v.jpg  「科」の姿形書換字。「斗」が「升」に近い形になっている。同様の書き換えは「料」「魁」などにも見られる。
 写真は,某「專科學校」の看板。
 左記の『今昔文字鏡』@024950は常用漢字の字体。

  撮影:1999年9月,澳門特別行政区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
穴 3
025422v.jpg  焼肉店の看板に見られる「肉」の姿形書換字。「突」の同字にも見える。「肉」の姿形書換字としては,「宍」が‘しし’という訓読みで常用されているが,「肉」と「宍」の中間的な変種と見られる。
 写真の,「炭」や「酒」は伝統的な楷書の字体となっているので,この「肉」の字体も手本となった字がありそうだ。
 左記の『今昔文字鏡』@025422も「肉」の姿形書換字で「大」の字体が異なる。
  撮影:2001年7月,東京都豊島区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
竹 4

026616v.jpg  カーテンと絨毯の専門店の看板に見える「簾」の姿形書換字。
 旁はという字体で,「广」の「ノ」の部分が中の「兼」の上の横線と結ばれ,上部が「立」の様になっている。
 左記の『今昔文字鏡』@026616は標準的な字体。

  撮影:1999年5月,香港特別行政区湾仔区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
竹 11

026313v.jpg  食堂のメニューを示した提灯行灯に見える「篙」の姿形書換字。旁の「高」が,いわゆる梯子高になっている。右に見える「高麗菜」の表記にも梯子高が使われている。
 「轎篙筍」は「石高竹」と呼ばれる竹の若芽で,阿里山の名物のひとつ。炒め物、煮物、スープなどにして食されている。
 左記の『今昔文字鏡』@026313は標準的な字体。
  撮影:2006年5月,台湾・嘉義県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
糸 5
051593v.jpg  「紹」の簡体字の姿形書換字。旁の「刀」を「ク」と書いている。このような書き換えは,「昭」「照」「招」などに共通してみられる。
 写真は,紹興から市外に向かうバスのターミナル。「紹興市公路客運中心」と書かれている。
 左記の『今昔文字鏡』@051593は標準的な簡体字。

  撮影:2000年9月,浙江省紹興市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
糸 5
051593v2.jpg  これも「紹」の簡体字の姿形書換字。旁の「刀」を「ソ」の様に書いている。このような書き換えも,「昭」、「照」、「招」などに共通してみられる。
 写真は,民家の入り口に書かれた表示。「紹興特産」の「蛋巻」という菓子を買う方は中へどうぞと書いてある。
 左記の『今昔文字鏡』@051593は標準的な簡体字。

  撮影:2000年9月,浙江省紹興市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
糸 6
084516.jpg  「經」の姿形書換字。旁を「壬」と「ソ」の組み合わせの様に書き換えている。古い「爪」と「土」の組み合わせの字体の名残か。類似する,「王」と「ソ」の組み合わせの字「」が『日本経済新聞』のロゴに使われている。
 写真は哈尓濱のベアリング工場の「瀋陽經銷中心」,即ち,瀋陽販売センターのテントの例。
  撮影:1999年8月,遼寧省瀋陽市和平区
Unicode:未収録
文字鏡:084516

写真字典のインデックスに戻る   「姿形書換字(6)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2012. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of