姿形書換字 (7)
2007年8月11日更新

 正しいとされる字体の偏や旁の一部を,形が似ている部品に書き換えた字を指します。俗字とされるものが多いといえます。

 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:閩

豸 5
036528v.jpg  「貂」の姿形書換字。「召」の「刀」が「ク」に換わっている。同様の書き換えは「召」、「招」「照」などでよく見られる。
 写真は,霊溪鎮の毛皮店の看板。「雪貂」は‘シロイタチ’。この霊溪鎮では,主に閩南語が話されている。
 左の『今昔文字鏡』@036528は常用漢字の字体。
  撮影:2000年9月,浙江省蒼南県
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
貝 4
084526.jpg  「財」の姿形書換字。右上に点が多い。同様の書き換えは,「材」においても見られる。
 写真は,島の弁天さんで知られる長建寺の提灯。

  撮影:2000年1月,京都市伏見区
Unicode:未収録
文字鏡:084526
貝 4

011603.jpg  「財」の姿形書換字。この字形はJIS第二水準に収録されており,漢和辞典では「賊」の交換略字としているのが普通。しかし,日本の社寺での弁財天の表記や「浄財」の表記で,「財」の代わりに俗字として多用されている。「財」の異体字には,右上に点を付けないものもある。
 写真は,JR山陰本線江原駅前にある観光案内。「日高町文化財を守る会」と書かれている。
  撮影:1999年10月,兵庫県城崎郡日高町
Unicode:621D
文字鏡:011603
言 7
035412v.jpg  「詣」の姿形書換字。旁の「ヒ」の部分が「上」と書き換えられている。
 同様の書き換えは,「旨」、「脂」「指」、「稽」などの字でもよく見られる。
 写真は地下鉄本町駅で見かけた,節分の行事を知らせるあびこ観音のポスター。
 左の『今昔文字鏡』@035412は標準的な字形。
  撮影:2000年1月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
走 5
037110v.jpg  「越」の中古字の姿形書換字。「走」が中古字の「赱」より1画多い形に作られている。同様の字体は「定」などにも見られる。
 写真は豆とあられの店の看板。「後」の「彳」や,「屋」の「尸」も字形が異なる。
 左の『今昔文字鏡』@037110は標準的な字形。

  撮影:2000年3月,東京都新宿区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
足 6
037524v.jpg  「路」の姿形書換字。「足」の下側を「ツ」の下に「」を書いた形に作っている。
 写真は民家の入り口に貼られた住所の表示。統一して作られたものではない。
 左の『今昔文字鏡』@037524は常用漢字の字形。

  撮影:2000年10月,広東省仏山市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 2
040132v.jpg  「重」の姿形書換字。中央にある「車」が簡体字となっている。これは,正式な簡体字ではない。
 写真は福州駅のホームにある倉庫の扉。「倉庫重地」と書かれており,「庫」の字の中に共通の部品が見られる。「重地 zhong4di4」は‘要地’の意味で,みだりに立ち入れない場所に書かれる。
 左の『今昔文字鏡』@040132は標準的な字形。
  撮影:2000年5月,福建省福州市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
車 9
038438v.jpg  「輸」の姿形書換字。旁にある「」が「卜」に変わっているほか,「月」は中古字に見られる「」という字体になっている。
 写真は西之表市の運輸会社のトラックの車体に書かれた字。種子島では,他の会社でもこの表記をしている例があった。
 左の『今昔文字鏡』@038438は『康煕字典』風の字体。
  撮影:2003年3月,鹿児島県熊毛郡中種子町
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
辰 0
078350.jpg  「辰」の姿形書換字。内側の「二」が「コ」に変わって,縦の線が伸びている。同様の書き換えは,「唇」「振」「震」などにも見られる。
 写真は北山公園内の十二支の詩を刻んだ石板。炎林という方の書で「鼠 七絶 一日時辰子為首 十二生肖鼠占頭 纎小却倶神機巧 陰陽妙算知運籌」と書かれている。

  撮影:2000年9月,浙江省蕭山市
Unicode:未収録
文字鏡:078350
4
056524.jpg  「迎」の姿形書換字。「」が「」に書き換えられている。この字体は第二次簡化字方案に収録されて,広く使用されたが,現在では俗字となっている。
 写真は,食堂のガラス扉に書かれた「歓迎」の字。「歓」は正式な簡体字が使われている。
 左の『今昔文字鏡』@056524は「匝」の姿形書換字。

  撮影:1999年10月,天津市
Unicode:未収録
文字鏡:056524
邑 4
053085v.jpg  「邦」の姿形書換字。旁の字形が,「手」の様になっている。
 写真は有名な首里の守礼門の扁額の一部。よって,2000円札にもこの字が見えるが,全体で右から「守禮之邦」と書いてある。
 左の『今昔文字鏡』@053085の字は,横線の方向が異なる同字。

  撮影:2000年2月,沖縄県那覇市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
邑 9
039524.jpg  郵便電報局の表示に見える「郵」の姿形書換字。「垂」の下部が「山」の様になっている。この様な書き換えは「垂」の字でも見られる。
 普通,中国では「郵電局」の表示を簡体字で書いており,この新豊街郵電局のような例は少ないが,他にも使っている局がある。日本の郵便局でも,長野県楢川村の贄川郵便局の表記などに使われている。
  撮影:1999年8月,江蘇省常州市
Unicode:未収録
文字鏡:039524
邑 9
053450.jpg  「郷」と同様の,「」の姿形書換字。「皀」が「良」に似た形になっている。
 写真は,現役交通機関の輪タクの後ろ側。「金郷」は町の名で,所属を示している。2〜3元で町内を走ってくれる。

  撮影:2000年9月,浙江省蒼南県
Unicode:9109
文字鏡:053450
邑 9
039542.jpg  これも,「郷」と同様の,「」の姿形書換字。「皀」が「耳」に書き換えられている。
 写真は,運送会社の受付所の看板。
 この金郷鎮では,周辺で話される温州に近い呉語や閩南語とは異なり,江蘇省に近い特殊な呉語が話され,方言島を形成している。
  撮影:2000年9月,浙江省蒼南県
Unicode:910A
文字鏡:039542
酉 4

039807v.jpg  「醉」の交換略字である「酔」の姿形書換字。部首の「酉」の中心部が「上」の上に縦棒を加えた様な形となっている。同様の例は「」にも見られる。
 写真は,居酒屋の看板。
 左の『今昔文字鏡』@039807は,常用漢字の字体。

  撮影:2007年1月,埼玉県さいたま市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
酉 12

040006v2.jpg  「醫」の姿形書換字。部首の「酉」が1画多いほか,「医」の中は「¥」で,「殳」は「口」の下に「乂」と作っている。
 写真は,歯科開業医の看板。
 左の『今昔文字鏡』@057744は,「医」と「酉」の字体が異なる。

  撮影:2001年1月,滋賀県大津市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
里 12
040146v.jpg  「釐」と同様の姿形書換字。本来は「來」である部分を「」に換えている。『中華字海』によれば,『類篇』は「來」を,魏の『孔羨碑』は「来」を使った字体を使っている。
 写真は,海神廟の香炉。「保釐東海」と東シナ海を治める事を祈願している。裏側に簡体字も使われており,近年作られたもの。
 左の『今昔文字鏡』@040146は,「未」を部品とする標準的な字体。
  撮影:2000年9月,浙江省海寧市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「姿形書換字(8)」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2007. All rights reserved,
except the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of