神 字
2009年6月17日更新

 仏教以外の,道教、儒教、神道などの経典名、神名、護符、呪符等に限って用いられる文字です。漢字とは別体系と考えられる神代文字は除きます。
 複数の漢字を組み合わせた合字もよく用いられます。
 推奨ブラウザ:『Internet Explorer 4.0』以降。中国語などの表記のために,一部MSゴシック、JS平成明朝などで追加収録された漢字を使用しています。例:吓()

土 25

シ雨玉


sinji006.jpg  道教系神字か。「金」、「玉」、「滿」、「堂」の合字。「滿」の三水偏と「玉」の字が曲線的に書かれ,蛇を形取っているのが特徴的。「金玉滿堂」は‘金と玉が堂内に満ちあふれる’という意味で,旧暦の正月などに柱によくこの言葉を縦書きした紙が貼られる。なお,香港映画『決戦!炎の料理人』の原題も『金玉滿堂』であった。
 写真は,赤柱の天后古廟が改装工事のために作られた仮の祭壇に貼られた札。近くの北帝廟にも同様の札が貼られていた。
  撮影:2001年5月,香港特別行政区南区・赤柱
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
大 6
084543.jpg  神字か。「大」と「吉」が合体して書かれている字で「大吉」を意味する。旧暦の正月などに,縁起をかついで家に張るもの。1997年に香港の書店で入手した。
 武則天は,「天」を意味する「」という文字を創造したが,こちらは中心部が「土」となっていて,字形も違うと思われる。
Unicode:未収録
文字鏡:084543
宀 23

明光




sinji009.jpg  神字か。光明寺内に1978年に建てられた花本姓の女性の頌徳碑の字。どこまでがひとつの字なのか不明だが,下に彫られている句,即ち「時を待て時を待てとの〜に時を待ちなば樂に世に出む 徳日女」の中に再出する部分を見ると,「宀」と「神」の上に「明」と「光」を配しており,これらを1字と考えた。右横の「光コトバ」という部分と放射状に出ている線は,下の例には見られず,文字の一部ではないと思われる。短歌のリズムなので,「みことば」の様に4モーラで読むと思われるが読みも不明。(読みや言われをご存じの方,ご教示お願いします。)
  撮影:2003年2月,広島県尾道市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
手 4

066954v.jpg  神道系神字。墨書きして持つと,銃弾除けや怪我除けなどの効用を持つ護符となるという全4字中の2番目の文字。4字全体で「さむはら」と読む。この字に関しては大島信雄さんの『「サムハラ」雑考』に詳しい。
 写真は,立売堀のサムハラ神社北門にある,神社の名前を刻んだ碑。正面の碑でも同じ字が使われていた。
 左の『今昔文字鏡』@065954は,旁が5画の異体字。サムハラ神社正面の説明板にはこの字が使われていた。
  撮影:2000年6月,大阪市西区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
手 8

065188v.jpg  神道系神字。ふりがなの様に,全4字で「さむはら」と読み,これを墨書きして持つと,銃弾除けや怪我除けなどの効用を持つ護符となるという。
 写真は,神具店の入り口に揚げられた銘板の一部。ここで上記サムハラ神社の護符を受けられる。
 左の『今昔文字鏡』@065188は,旁を「巳」と作っているが,写真の例では「已」であり,同字の関係。
  撮影:1999年12月,大阪市中央区
Unicode:未収録
文字鏡:065188
日 15
日日

儿才
sinji003.jpg  道教系神字か。「日日」と「有」と「財」と「見」の合体字で「日日有財見」(毎日財産を目にできる)を意味すると考えられる。この字は比較的目にする機会が少ない。
 縁起をかついで,赤い紙に書いて店先などに張る字だが,ここでは切り抜き文字にしている。写真は,宮廷風の装飾をしているレストランの入り口横の窓。
  撮影:2000年5月,北京市朝陽区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
皿 20

女孔

sinji011.jpg  儒教系の神字か。「學」の左上を「リ」に代えた減画略字、「好」、「孔」、「孟」を組み合わせている。「學好孔孟」は「孔孟によく学べ」と読め,孔子、孟子の行動や思想に見習って暮らすように諭すための文字と考えられる。河北省平山県の天桂山には「学」と組み合わせた簡体字を岩に彫った例があるという。
 写真は民家の前に貼られた対聯の一部。
 撮影:2008年5月,台湾・彰化県鹿港鎮
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
20
084546v.jpg  道教系神字の簡体字。次の例の様に,「斗」と「日」と「金」と「進」の合体字で「日進斗金」(毎日金が入る)を意味するが,「進」が簡体字で書かれており,部品の「隹」が「井」になっている。金は行書で崩されている。
 写真は農家の入り口を写したもの。この家の近所には「進」が繁体字の例もあった。
  撮影:2004年9月,山東省曲阜市
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
24
084546.jpg  道教系神字か。「斗」と「日」と「金」と「進」の合体字で「日進斗金」(毎日金が入る)を意味する。
 写真は老舗の菓子店の入り口脇に貼られたポスター。左の『今昔文字鏡』@084546はしんにょうが2点のもの。

 撮影:2008年5月,台湾・彰化県鹿港鎮
Unicode:未収録
文字鏡:084546
24
084546v2.jpg  上記の文字の同字。「進」以外の配置が異なる。
 写真は民家の前に貼られた対聯の一部。

 撮影:2008年5月,台湾・彰化県鹿港鎮
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
35
084548.jpg  道教系神字か。「寳」と「招」と「進」の合体字で「招財進寶」(財宝を招き入れる)を意味する。「寳」の「貝」と「招」の「才」が「財」の字を構成している事に注意。
 旧暦の正月などに,縁起をかついで家に張るもので,筆書きされる事が多いが,写真の例は,切り紙細工の盛んな天津らしく,金紙を切り抜いて作ってある。紅い部分も切り紙で,ガラス窓の内側から張ってある。「召」の字形が違う例もある。
  撮影:2000年3月,天津市和平区
Unicode:未収録
文字鏡:084548
示 30


sinji008.jpg  道教系神字か。「福」、「祿」、「寿」、「全」の合字。但し「福」と「祿」の示偏は共有されている。「福祿寿」は「三仙」と呼ばれて道教でも民間信仰を集めている神であるが,これが全部揃うという事か。他に「福禄寿」に「禧」または「喜」を加えて「福祿壽禧(喜)」という言い方がある。
 写真は,赤柱の北帝廟の堂内に貼られた札。

  撮影:2001年5月,香港特別行政区南区・赤柱
Unicode:未収録
文字鏡:未収録
21





sinji001.jpg  神字か。「黄」と「金」と「萬」と「両」が合体して書かれている字。
 財産が増える様に願って書かれるもので,伝統的に壺などの意匠に使われている。
 他に,「両」の部分を簡体字に従った「」と作っている例を目にした事がある。
 写真は商業ビル入り口のガラスに彫られた字。
  撮影:1999年8月,上海市徐匯区
Unicode:未収録
文字鏡:未収録

写真字典のインデックスに戻る   「国字」に進む

Copyright Yoshio Yoshida, 1998-2009. All rights reserved.
Excepting the Mojikyo numbers and font faces are used under copyright of